日本の島へ行こうTOP

日本の島数
」という字を辞書検索してみると、「周囲が水で囲まれている陸地。」とあります。
地球規模でみるとすべての陸地が当てはまることになりそうですが、
地球上には大陸と呼ばれるものがあり、その大陸より小さい陸地を島と呼ぶようです。
一般的には、ユーラシア大陸・アフリカ大陸・北アメリカ大陸・南アメリカ大陸 ・南極大陸・オーストラリア大陸。
この6つの大陸以外の「周囲が水で囲まれている陸地。」のことを島と呼び、
北極に近いグリーンランドが一番大きな島ということになるようです。
島国ニッポンというように、日本も島の集まりです。
また 「国連海洋法条約第121条」において、「自然に形成された陸地であって、水に囲まれた高潮時においても水面上にあるもの」とされています。
では、日本に限ってみるとどうなるのでしょうか?

北海道とか本州とか、島に対して本土と呼ばれることがあります。
日本に限って言うと、北海道・本州・四国・九州以外の「周囲が水で囲まれている陸地。」を島と呼ぶようです。沖縄本島は微妙ですが本土と呼んだりするので島の数に含めない場合も?
普通は淡路島とか佐渡島というように、実際に「~島」という名前が付いています。
しかし、海岸にある海に囲まれた岩場や川の水に囲まれた陸地などは~島という名前が付いてないものもあります。「~岩」、「~瀬」、「~礁」、「~碆」、「中州」等々。こういう所も島と言えば島かもしれませんが・・・

現在発表されている日本の島の定義には次のようなもがあります。
昭和62年に海上保安庁によって発表された「島を数える上での定義」は、
1. 周囲が0.1km以上のもの
2.何らかの形で本土とつながっている島について、それが橋、防波堤のように細長い構造物でつながっている場合は島とし、それより広くつながっていて本土と一体化しているようなものは除外
3.埋立地は除外
というものです。

これに基づいて数えられた数が6,852という数で、平成元年「第39回日本統計年鑑」において公表されました。
6,852島というのは「北海道、本州、四国、九州、沖縄本島」それに「北方領土」を含めた数です。
つまり、上の定義に基づいて数えると「日本という国は現在のところ6,852の島で成り立っています」ということで、定義が変わると島の数も変わってくるということです。
ちなみに、6,852島のうち大半は無人島で6,426。北海道、本州、四国、九州、沖縄本島を除く有人離島の数は421島となっています。

※(財)日本離島センター「日本の島ガイド SHIMADAS」等を参考にしました。

日本の島へ行こうTOP 日本の領海

08/02/07