青森県の島湯ノ島(ゆのしま)
湯ノ島
●日本の島へ行こうTOP▲青森県の島●湯ノ島
湯ノ島周辺の宿
浅虫温泉

12/08/26--------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.

湯ノ島(ゆのしま)
カタクリの島
住所/青森県青森市大字浅虫
面積/0.06km2周囲/1.5km
人口/無人島
アクセス/[電車]JR青森駅→浅虫温泉駅(20分)/
[渡し船]浅虫(海水浴場駐車場側船着場)→湯ノ島(5分)


浅虫温泉「柳の湯」
青森市の中心部から国道4号線を車で30分ほど北上したところに青森の奥座敷「浅虫温泉」があります。湯ノ島は浅虫温泉の北西約1kmの海上に浮かぶお椀を伏せたような円錐形の小島で、浅虫のシンボルとして親しまれています。
カタクリの花
周囲1.5km、標高132m、西側は岩肌がむき出しの部分もありますが全体的に松や桜などの樹木が覆い、春になるとユリ科の多年草カタクリを中心にたくさんの野草が花を咲かせます。毎年4月には好例の「湯の島カタクリ祭り」が開かれ、普段静かな湯ノ島も賑わいを見せます。
弁財天の鳥居
浅虫の海岸から島を望むと小さく赤い鳥居が見えます。参道の長い階段を登ったところに海の安全を見守る弁財天の祠があり、そこから頂上へと小径が続いています。頂上までおよそ30分、そこそこ急な上り坂です。また、湯ノ島の裏側には奇岩が多く、観光船で見学することもできます。観光船は4月から10月の間運航しており、湯ノ島を巡るだけの最短コースや夏泊半島の先端にある大島まで遠出するコースもあり、違った角度から浅虫を楽しむことができます。

関連リンク

道の駅ゆ~さ浅虫