千葉県の島第一海堡(だいいちかいほ)or(かいほう)
第一海堡
daiichi02.jpg(17172 byte)
第一海堡(だいいちかいほ)or(かいほう)
浦賀水道に並んだ人工島
住所/千葉県館山市富士見
面積/0.06km2/周囲/約1km
人口/無人島
アクセス/JR内房線青堀駅→富津公園行バス終点
(青堀駅から富津岬まで約7km)※海堡への上陸は禁止

海堡(かいほう・かいほ)とは「海岸防備のために、要港の入り口や海中に築造した砲台や砦」(大辞泉)とあります。日本では富津岬から横須賀の猿島の間に第一海堡、第二海堡、第三海堡と3つの海堡が造られました。
幕末に諸外国の圧力によって開国を強いられた日本は、明治期になると東京湾の防備に力を注ぎます。いわゆる東京湾要塞と呼ばれるもので、浦賀水道周辺に砲台や海堡を築き、東京湾への敵艦侵入を防ぐというものでした。
第一海堡は富津岬の先端から西へ約1.2kmの海上を埋め立てて造られたもので、明治14年8月に着工し、9年後の明治23年12月に完成しています。当初は面積が0.023km2と今より小さなものでしたが、関東大震災で海底が隆起したことにより周りに砂が溜まり大きくなっています。衛星写真を見るとうなぎの尻尾のように砂州がくねくねと伸びていますが、一時期は富津岬と完全に繋がっていたこともあるようです。
島内には砲台やサーチライト(探照灯)等の軍事設備が配置され、日清・日露の両戦時下おいても東京湾警備に存在感を示していました。その後大正12年の関東大震災で第二、第三海堡は使用不能の被害を受けますが、第一海堡は比較的被害が少なく、太平洋戦争までその役目を全うしています。
敗戦により砲台など主要部分が米軍によって破壊され要塞としての機能を失い、現在は廃墟の人工島として存在しています。また、周辺は釣のポイントとして知られていますが、海堡は国の管理下に置かれ立ち入りは禁止されています。

関連リンク

富津市役所トップページ富津市観光協会

第一海堡付近の宿

icon icon

富津岬荘 icon

icon icon

燦美の宿 旅館 かわな icon

富津・鋸南の宿[じゃらん]富津の宿[るるぶ]
国内ツアー特集TOP[阪急交通社]
▲日本の島へ行こうTOP▲千葉県の島●第一海堡
11/02/26 ---------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.