千葉県の島浮島(うきしま)
浮島
浮島(うきしま)
料理の祖神(磐鹿六雁命)を祀る島
住所/千葉県安房郡鋸南町(きょなんまち)下佐久間
面積/0.02km2/周囲/0.79km
人口/無人島
アクセス/最寄駅はJR内房線・安房勝山駅
(島に渡れるのは7月の浮島神社大祭の時だけ)

東京から電車で約2時間、“地獄のぞき”で有名な鋸山を過ぎると南房総の玄関口・鋸南町へ至ります。浮島は鋸南町の南に位置する勝山漁港の1kmほど沖に浮かぶ無人島で、浦賀水道を隔てて三浦半島や遠くに富士山を望むことができます。
浮島の島頂部はタブノキなどの照葉樹やササ竹の群生が覆い、周囲の切り立つ断崖は浮島を海に浮かぶ要塞のように見せています。また、南側には大ボッケ、小ボッケという岩礁が連なり、茜色に染まる夕景に影を落とす浮島のシルエットにアクセントを与えています。
標高60mほどの浮島の頂上付近には景行天皇、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)、弟橘姫(オトタチバナヒメ)、磐鹿六雁命(イワカムツカリノミコト)を祀る浮島神社があります。
『日本書紀』には景行天皇が亡き息子・日本武尊を想い、彼が征圧した東国の地を巡幸する話が記されていますが、その時天皇が浮島に立ち寄り、磐鹿六雁命が献上した白蛤と堅魚(鰹)の膾(なます)料理を賞賛したという話が残されています。また日本武尊が東征の折、この海で嵐に遭遇し行く手を阻まれた際に、后である弟橘姫が身を投じて嵐を鎮めたという伝説もあって、この地に縁のある神々として浮島神社の祭神に祀られたものです。
浮島は個人所有の島ということで普段は関係者以外の立ち入りが制限されていますが、毎年7月に催される「勝山地区祭礼」の時には港から船が出され、一般客の島への上陸が許可されています。一見上陸は難しそうですが島の南東側に船着場があり、そこから頂上へ向かう細い道を上ると浮島神社へ通じます。

関連リンク

千葉県 鋸南町

安房勝山の宿

月影の丘ホテル ヴィラ勝山アヴェール

安房温泉 紀伊乃国屋

館山・南房総の宿[じゃらん]内房の宿[楽天トラベル] icon
国内ツアー特集TOP[阪急交通社]
▲日本の島へ行こうTOP▲千葉県の島●浮島
11/02/15 ---------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.