北海道の島大黒島(だいこくじま)
大黒島
大黒島(だいこくじま)
住人はアザラシと海鳥
住所/北海道厚岸郡厚岸町大黒島
面積1.08km2周囲/6.1km
人口/無人島・2人(H12)・1世帯8人(S45)・11世帯47人(S35)・10世帯41人(S30)国勢調査
アクセス/獣保護区域、立ち入りは制限あり
概要
厚岸(あっけし)湾の入口に並ぶ小島と大黒島。古くからタラやコンブ漁が盛んで、シーズンにはたくさんの漁船が白波を立てて行き交う姿が見られ、この地方の風物詩になっています。
アイヌの間ではモリシカ・ホロモシリなどと呼ばれていました。ホロモシリというのは手前にある小島(ホンモシリ)に対して大きい島という意味のようです。
基本的には無人島ですが、コンブ漁の季節になると季節移住で島に滞在する人もいるようで、平成12年の国勢調査では人口2人が記録されています。ゼニガタアザラシの生息地、また北方から渡ってくる海鳥がひしめき合う島でもあります。昭和26年には海鳥の繁殖地として国の天然記念物に指定されています。なかでもコシジロウミツバメの大繁殖地として全国的に有名です。
太平洋戦争当時は日本軍の基地が置かれており、現在でも高射砲跡や特攻舟艇の格納トンネル跡などが残っています。
昭和19年3月16日、日本海軍の輸送船「日連丸」が敵の魚雷を受けて大黒島沖合いで沈没、約2,000名の命が奪われた事件がありました。

関連リンク

厚岸町小島厚岸昆布(島グルメ)厚岸の宿

●日本の島へ行こう北海道の島大黒島

17/07/27-----Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.