ロゴ
歯舞群島(はぼまいぐんとう) 多楽島(たらくとう) 志発島(しぼつとう) 勇留島、秋勇留島 水晶島(すいしょうじま)

歯舞群島(はぼまいぐんとう) (Habomai Islands)
日本名 読み仮名 ロシア名 アイヌ名
秋勇留島 あきゆりとう アヌーチナ島(о. Анучина アキリリ(アキロロ・アキルル)
オドケ島 おどけとう (о. Рифовый)  
貝殻島 かいがらじま

シグナリヌイ島(о. Сигнальный)

 
海馬島 とどじま(かいばじま) 樺太南西部にも同名の島があるがそれとは違う トドモシリ
カブ島 かぶじま    
カブト島 かぶとじま (о-ва Шишки)  
志発島 しぼつとう ゼリョーヌイ島(о. Зеленый  
水晶島 すいしょうとう タンフィーリエフ島(о. Танфильева) シ・イソ
多楽島 たらくとう パロンスキー島(о. Полонского) タラ・ウク・モシリ
カナクソ島 かなくそとう    
ハルカリモシリ島(春苅茂尻島) はるかりもしりとう (о-ва Демина)  
萌茂尻島 もえもしりとう (о. Строжевой)
 
勇留島 ゆりとう ユーリ島(о. Юрий) ウリリ(ウロロ・ウルル)
※ロシア名表記は「翻訳者便利長-千島諸島の島名・地名ノート」を参照しました。

歯舞群島は北方領土と呼ばれる北方四島(択捉・国後・色丹・歯舞)の一つです。たくさんの島の集まりですが四島の中の一つとして数えています。
現在は納沙布岬と貝殻島の中間に国境線が敷かれ、ロシアの管理下にあります。日本はロシアに対して返還を求めている地域です。
ハボマイの語源はアイヌ語の「アプ・オマ・イ」で意味は“流氷のあるところ”という意味だそうです。
明治時代は珸瑶瑁(ごようまい)諸島、大正4年(1915年)に珸瑶瑁村が歯舞村と合併し、その後歯舞群島となり、現在では日本の行政域では根室市、ロシアではサハリン州に属しています。
国土地理院は平成20年3月21日、北海道根室市から地名変更の要望を受け、歯舞諸島の名称を歯舞群島へ変更しました。

▲多楽島 ▲志発島 ▲勇留島 ▲秋勇留島 ▲水晶島 ▲北方領土問題

▲日本の島へ行こうTOP ▲北海道TOPへ ※諸島・群島・列島

08/02/11
08/03/27更新