北海道の島小島
松前小島
松前小島図
小島(こじま)
[渡島小島(おしまこじま)/松前小島(まつまえこじま)]
北海道最南端の島
住所/北海道松前郡松前町字小島
面積/1.54km2周囲/4km人口/無人島
アクセス/松前から漁船をチャーター(約1時間半)
概要
北海道のシッポの端にある松前町の港から西南西へ約23km。松前半島の白神岬よりさらに3kmほど南にあるので北海道の最南端ということになります。小島から北西へ約36kmのところには日本で最大の無人島と言われる大島があります。ともに火山性の島。大島が渡島大島、松前大島と呼ばれるのに対して小島は渡島小島、松前小島と呼ばれたりもします。大島は1741年の大噴火が記録されていますが、小島の噴火は確認されていないようです。
火山の島らしく、崖が海岸線まで迫り人が住めるような平地はほとんど無い地形ですが、北東端に漁港が整備されています。小島の周辺、特に西方沖は「宝の海」といわれるほどの好漁場で、港は近くを行き交う漁船等の避難港として使われています。また、大正10年初点灯の松前小島灯台や夏期の漁期に使用する番屋があり、少し登ったところには弁天社が祭られています。
かつては昆布漁で賑わったこともありますが、現在はケイマフリ・ウトウ・ウミウ・オロロン鳥(ウミガラス)・ウミネコなど海鳥の大繁殖地で、山肌には冷温帯性植物が広がりを見せ、これらの保護のために昭和47年に松前小島の名で国指定天然記念物(天然保護区域)になっています。
毎年7月には島祭りがあり、神主と松前の地元漁師がこの島に渡り大漁祈願が行なわれます。

関連リンク

松前町

●日本の島へ行こう▲北海道の島●小島

小島に近い宿
楽天ウェブサービスセンター

17/08/12-----Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.