北海道の島礼文島
礼文島(れぶんとう) スコトン岬 ゴロタ岬 澄海岬 地蔵岩 桃岩 猫岩 フェリー 礼文空港
礼文島(れぶんとう)
花の浮島
住所/北海道礼文郡礼文町面積/81.33km2周囲/72.0km
人口/3,078人(H22)・3,410人(H17)・3,856人(H12)・4,375人(H7)国勢調査
アクセス/【ハートランドフェリー】【北海道への旅ANA
【フェリー】稚内→香深(かふか)港(1時間40分)
【飛行機】新千歳空港→利尻空港(40分)→鴛泊港or沓形港(くつがた)からフェリー
礼文空港は2003年3月に稚内空港線が廃止、2009年4月に供用休止になっています。
【フェリー】(利尻島)鴛泊港/沓形港→香深発(40分)
概要
稚内から西へ59km、利尻島の北西約10km。北方領土を除くと日本最北端の有人島。
年間30万人もの来島者があると言われる礼文島。冬の間は雪に閉ざされているため5月から10月の半年間に一気に観光客が訪れます。
中央にある礼文岳は標高490m。利尻島とは対照的に穏やかな島影を見せる礼文島ですが、西側の海岸は荒々しい断崖が続き、桃岩、猫岩、地蔵岩などの奇岩も多く見られます。
日本最北の島の最北の地は須古頓(スコトン)岬です。目の前には海驢(とど)島、そしてその30kmほど先にはロシアとの国境があり、晴れた日には遠くサハリンを望むこともできます。
標高はそれほどではありませんが、北緯45度という環境は数多くの高山植物をもたらします。レブンアツモリソウレブンコザクラレブンキンバイソウレブンソウレブンウスユキソウなどが有名で、花を咲かせる夏の季節には爽やかな風と礼文特有の植物を求めてハイキングやトレッキングを楽しむ観光客で賑わいます。
日本最北端の昆布漁
北限の地には北限の味があります。北の海から獲れるウニ、アワビ、ホッケ、昆布などの海の幸は絶品。中でも利尻昆布を食べて育つウニは蝦夷バフンウニとして味・質ともに最高級品。『日本最北端の昆布漁』「島の宝100景

関連リンク

礼文町役場島グルメ<礼文島>

●日本の島へ行こう▲北海道の島●礼文島

花の浮島

礼文島の宿
楽天ウェブサービスセンター

10/08/20----Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.