北海道の島>>ユルリ島・モユルリ島
ユルリ島の地図(Yahoo!地図情報)
ユルリ島・モユルリ島
ユルリ島(ゆるりとう)
野生馬の楽園
住所/北海道根室市昆布盛
面積/1.97km2周囲/7.0km
人口/無人島
アクセス/[JR根室線]JR根室駅→昆布盛駅(16分)。
※島内は鳥獣保護区域につき立ち入るには許可が必要。
東京からユルリ島を見に行くにはどのくらいかかるのか路線探索をしてみると、羽田から根室中標津空港へ約1時間半、さらにそこからバスで1時間半ほど揺られれば根室に到着。根室から昆布盛までJR根室本線で16分。連絡の時間など考慮して5~6時間でユルリ島が見れる所まで行けそうです。
ユルリ島は根室半島の太平洋側にある昆布盛の漁港から約3kmの沖合いに浮かぶ島で、高い所でも40m程のほぼ平坦なテーブル型をした島です。
昭和50年頃までは昆布漁が行なわれる夏の間だけ島に定住する、いわゆる季節定住の人達が居たようです。現在では、昆布を荷揚げするために飼われていた馬が野生化して繁殖したものが20頭ほど島の中を駆け巡っています。
島の周囲は断崖で北方系の海鳥の営巣地になっており、昭和38年には北海道天然記念物に指定されています。海鳥の中には絶滅危惧種のケイマフリやエトピリカなどの姿も見受けられるようです。
植物は海洋性の高山植物が茂っていますが、島の中央は湿原が広がっておりチャミズゴケやワタスゲなどが群生しています。「日本の重要湿地500」に選定されています。
島名はアイヌ語の「ウリリ・モシリ(鵜の島)」から来ていますが、北方領土の歯舞群島にも同じ由来の勇留島(ゆりとう)という島があります。間違えやすいですが、勇留島はユルリ島の5倍ほどの面積があります。

モユルリ島(もゆるりとう)
どこからともなく現れた鹿
住所/北海道根室市昆布盛
面積/0.3km2周囲/3.0km
人口/無人島
アクセス/[JR根室線]JR根室駅→昆布盛駅(16分)。
※島内は鳥獣保護区域につき立ち入るには許可が必要。
ユルリ島から北へ400mほどのところにある島で、モユルリというのは小さなユルリという意味です。もともとこの二つの島を合わせてユルリ島と言うようで、ユルリ島の小さいほうの島といった感じでモユルリと言われるようです。
ユルリ島と同じく海鳥がたくさん繁殖しており、こちらも道指定の天然記念物になっています。
モユルリ島には海鳥以外はこれといった大型動物もいないので高山性植物やクマ笹などが生い茂っています。
2001年8月の北海道新聞の記事に、モユルリ島に1頭のエゾジカが確認されたという記事が載ったことがあります。近くの漁師の人達も驚いていたということですが、3km以上もあるユルリ海峡を泳いで渡ったか、海が氷結している冬の間に渡ったのか謎だそうです。

関連リンク

根室市役所 [ 根室市ホームページ ]
根室市観光協会
北海道根室支庁のホームページ

【宿】釧路・阿寒・川湯・根室 icon[楽天トラベル]
▲北海道の島TOP ▲日本の島へ行こうTOP
08/12/19更新