岩手県の島オランダ島(大島)
オランダ島
●日本の島へ行こうTOP▲岩手県の島●オランダ島
オランダ島周辺の宿
三陸海岸の宿[じゃらん]レンタカー予約
阪急交通社 「Theお宿ねっと」
宮古の宿

12/09/11--------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.

オランダ島(大島)
ブレスケンス号事件
住所/岩手県下閉伊郡山田町境田町
面積/0.03km2周囲/1km
人口/無人島
アクセス/山田港の沖約1.5km。

オランダ島空中写真
山田湾の真ん中に浮かぶ大島と小島。大島の別名がオランダ島。最近はあまり聞かなくなってしまいましたが、小島あるいはその横にある岩礁を女郎島と呼びます。これらの呼び名は江戸時代初期に起きた事件に由来しています。
江戸幕府の鎖国完成から4年を経た1643年(寛永20年)、新たな貿易ルートと伝説の金銀島発見を目指してインドネシアのバタヴィアを出帆した2隻のオランダ船、カストリクム号とブレスケンス号が八丈島近海で暴風雨に遭遇。互いを見失い、一方は蝦夷へ、もう一方のブレスケンス号は難を逃れてこの山田湾に寄港しています。
ブレスケンス号の模型
突然現れた異国船に人々は驚き、役人等数名が小舟で近づくと、意外にもすんなりと船内に招かれ酒を振舞われたり、物々交換に応じたりと互いに友好的に接したといいます。翌日、ブレスケンス号は静かに湾を離れていますが、そのひと月半後には水と食料を求めて再び山田を訪れています。当時の日本は鎖国体制の厳しさが増していた時代。盛岡藩はブレスケンス号が訪れたことで沿岸の巡視を強化し、上陸した異国人は捕らえよとの通達を出していました。そこへ再び現れたブレスケンス号に対して、藩の役人はなんとか船員を捕らえよう画策し、小島に多くの女郎を集め、歓待と見せかけて油断したところを捕らえたのです。船に残された船員達は異変を知ると慌てて湾を立ち去ってしまいましたが、捕獲された船長含め10名の乗組員は盛岡で取り調べを受けた後、江戸へ送られオランダ人であることが判明すると捕縛を解かれ長崎から無事に帰国が許されたといいます。
この出来事から350年後の1993年7月には山田町で記念祭が催され、オランダ島に記念碑が建立されています。そして2000年5月には、かねてより交流のあったオランダ・ザイスト市と正式に友好都市関係が締結されています。

関連リンク

MARINE LAND 山田町山田町観光協会