岩手県の島珊琥島(さんごじま)
珊琥島
珊琥島周辺の宿
釜石・大船渡の宿[じゃらん]
●日本の島へ行こうTOP▲岩手県の島●珊琥島
大船渡の宿
珊琥島(さんごじま)
アカマツ林の名勝地
住所/岩手県大船渡市赤崎町
面積/0.02km2周囲/0.9km
人口/無人島
アクセス/JR大船渡線「下船渡駅」の目の前

珊琥島は三陸海岸の中でもひときわ深い入り江の大船渡湾のほぼ中央に位置する島で、北端と南端の灯台が行き交う船の安全を見守っています。標高30mの緩やかな稜線をアカマツ林が覆い、その様子が珊瑚の樹林を思わせ、また秋にはカエデなどの紅葉が琥珀色に輝やくことから名付けられたとされています。昭和18年には景観の美しさから国の名勝指定を受けています。
珊琥島は明治期に火薬の輸入で財を成した実業家・渋谷嘉助の私有地でしたが、大正時代に大船渡村と赤崎村に共同公園として寄付され、整備が進められたことで多くの行楽客が訪れる島となっていました。しかし、1960年(昭和35年)のチリ地震津波の影響で島を訪れる人が減少、渡船も途絶え、その後はまったく人気のない島になっています。
大船渡港口防波堤
大船渡港口防波堤はチリ地震津波での被災を受け、4年の歳月と19億円の資金を費やし昭和42年に完成した日本で最初の津波防波堤でした。しかし、平成23年(2011)3月11日の東日本大震災ではこの防波堤をもってしても防ぐことができない津波が押し寄せ、大船渡市は壊滅的な被害を蒙っています。
大船渡の深い入り江は天然の良港であり、またその地形がゆえに何度も津波の被害を受けています。珊琥島は人々の幸せな姿も津波の被害も、その一つ一つを見続けています。

関連リンク

大船渡市公式ホームページ