宮城県の島浦戸諸島朴島(ほおじま)
朴島
朴島(ほおじま)浦戸諸島
春には菜の花、黄色い島
住所/宮城県塩竈市浦戸朴島
面積/0.15km2/周囲/2.2km
人口/35人(H17)・40人(H12)・50人(H7)国勢調査
アクセス/[塩竈市営汽船]
塩竈港桂島野々島寒風沢島→朴島(52分)

市営汽船は塩竃港から桂島、野々島、寒風沢島を経由して浦戸諸島の一番北にある朴島に至ります。朴島の周囲はおよそ2km。宮城県の有人島のなかでは一番小さい島です。
複雑な地形をした浦戸諸島の島々には様々な伝説が残されていますが、この島にも仙台藩の埋蔵金伝説が語られていて、朴島の名前は宝島から来たという話さえあります。この他にも、鳳凰(ほうおう)が棲む島だとか、平安時代に烽火(のろし)を上げる島だったので烽島が朴島に変わった等々。私の推理では江戸時代の頃は馬の放牧地だったということですから放島が朴島になった・・。まあ、真実は何処にという感じです。
船着場から北へ5分ほど歩いた所に石碑が立つ場所があります。高さが約90cm、幅が35cmの板碑で弘安10年(1287年)に建てられたとされ、「孝子の碑(弘安の碑)」と呼ばれています。上部に梵字が刻まれ、島では内海家代々の観音様として供養されているといいます。内海家というのは密貿易で巨万の富を築いた内海長者の話があり、鎌倉時代に野々島に移り住んだということで、朴島にも力が及んでいたのでしょう。
朴島では牡蠣の養殖などの水産業が盛んですが、春になると島一面が黄色く輝きます。これは仙台の伝統野菜“松島白菜”の種を採るための菜の花が栽培されているからです。病気に弱く栽培が難しいことから一時期は市場から消えてしまった野菜ですが、柔らかくておいしい松島白菜を守るために朴島では大切に育てられた種の出荷が続いています。

関連リンク

塩竈市のホームページ塩竈市観光物産協会

松島・塩竃の宿

icon icon

ホテルニュー和楽 icon

icon icon

ブリーズベイシーサイドリゾート松島 icon

松島・塩釜の宿[じゃらん]
松島海岸・松島湾の島々の宿[るるぶ]
東北発国内ツアー特集[阪急交通社]
▲日本の島へ行こうTOP▲宮城県の島
▲浦戸諸島●朴島
11/04/08 ---------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.