宮城県の島牡鹿諸島出島
出島
出島
出島(いずしま)牡鹿諸島
入り江にカキ、ホタテ、ワカメ
住所/宮城県牡鹿郡女川町(おながわまち)
面積/2.68km2周囲/14.0km標高/86.5m
人口/77人(H27)・465人(H22)・521人(H17)・645人(H12)・758人(H7)国勢調査
アクセス/女川港→寺間港・出島港(15分)
概要
女川港から約7km、尾浦半島の沖300mに位置する。周囲は小島や岩礁が点在し、入江も多い。北部に出島、南部に寺間と2つの集落と港がある。
黒潮の影響で比較的温暖で、産業はカキ、ワカメなどの養殖が盛ん。
宮城県は東北地方でも貝塚が多く分布しており、島内の貝塚からは縄文時代の土器や骨角器類が発見されている。定住のはじまりは鎌倉時代ともいわれている。

関連リンク

女川町

●日本の島へ行こう宮城県の島牡鹿諸島出島

19/06/17---Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.