新潟県の島粟島
粟島
粟島
粟島(あわしま)
元祖「ワッパ煮」
住所/新潟県岩船郡粟島浦村
面積/9.86km2周囲/23.1km標高/265.6m
人口/370人(H27)・366人(H22)・438人(H17)・449人(H12)・474人(H7)国勢調査
アクセス/[粟島汽船
[高速船] 村上市・岩船港→粟島(55分)
[フェリー] 村上市・岩船港→粟島(1時間30分)
概要
新潟市の北方63km、村上市・岩船港の北西35kmに浮かぶ島。新潟県の北部村上市の海岸線を走る羽越本線の列車から日本海を眺めると粟島が見える。
縄文時代の遺跡なども発見されており、島の歴史は古い。生活を支えてきたものは漁業だが、江戸時代には北前船が盛んに往来するようになり、風待ち・潮待ちの港として賑わいを見せた。
現在は観光にも力を注いでいる。複雑な海岸線は釣りに適した岩場が多い。透明度の高い海は海水浴にも人気。観光船、レンタサイクル、キャンプ場、平成11年にオープンした漁火温泉「おと姫の湯」などの施設も整備されており、民宿も多い。
郷土料理に「ワッパ煮」というものがある。獲りたての魚をミソと酒で味付けをしてワッパに入れ、真っ赤に焼いた石をその中に入れて炊き上げる漁師料理。曲げワッパは秋田名物だが、ワッパ煮は粟島が元祖。

関連リンク

粟島浦村

●日本の島へ行こう新潟県の島粟島

19/04/23---Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.