山形県の島白山島(はくさんじま)[御島(おしま)]
白山島
白山島(はくさんじま)[御島(おしま)]
東北の江ノ島
住所/山形県鶴岡市由良2丁目
面積/0.03km2/周囲/0.8km
人口/無人島
アクセス/JR三瀬駅下車バス15分

白山島は鶴岡市の由良海岸にある島で、浜と170mの橋で結ばれています。対岸の鳥居をくぐり、朱色の橋を渡り、島内の細くて急な石段を登った先に白山神社があります
この島の白山神社は大同年間(806~810)に加賀国(石川県)から白山神を勧請したものだとされ、祭神は菊理媛神(くくりひめのかみ)・伊弉諾尊(いざなぎ)・伊弉冉尊(いざなみ)の3柱が祀られ、毎年4月15日には安全と豊漁を祈願して例大祭が催されます。
第32代・崇峻天皇(すしゅんてんのう)は592年、蘇我馬子によって殺されていますが、これは日本歴史上唯一の天皇弑逆(しいぎゃく)となった事件です。この時崇峻の皇子・蜂子皇子は馬子から逃れ船で日本海を北上する際、岩の上で踊る八人の乙女に誘われて鶴岡のこの地に上陸したと伝えられています。蜂子皇子は出羽三山(羽黒山・湯殿山・月山)を開山したことで知られ、また人々の悩みを聞き入れ苦悩を取り除いたことで能除大師(のうじょだいし)と呼ばれ信仰を集めています。白山島の橋の近くには伝承に因んで八乙女のうち美鳳姫(みおうひめ)と恵姫(えひめ)の二像が建てられ、海岸を訪れる人々を迎えています。
由良海岸は夏になるとたくさんの人が訪れる海水浴場で、東北の江の島とも呼ばれています。シーズン中は釣り堀も開かれ(4~10月)、グラスボートの遊覧船が周遊します(7~8月)。地元では御島(おしま)とも呼ばれる白山島は由良のシンボルとして親しまれています。

関連リンク

山形県鶴岡市 公式サイト鶴岡市の観光情報


由良の宿

ほり旅館/ 佐藤長右エ門/伊藤由治郎/和田伝兵衛/佐藤伝三郎/和田伊右エ門/温泉民宿石川/ 山本敏子
■宿泊ガイド:由良公式サイト

▲日本の島へ行こうTOP▲山形県の島●白山島
11/04/25 ---------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.