愛知県の島篠島(しのじま)
篠島
篠島(しのじま)
鯛の島、歴史の島、観光の島
住所/愛知県知多郡南知多町大字篠島
面積/0.93km2周囲/6.7km
人口/1,878人(H17)・2,040人(H12)・2,220人(H7)国勢調査
アクセス/[名鉄海上観光船
【高速船】師崎(もろざき)港→篠島(10分)/
河和(こうわ)港→日間賀島→篠島(30分)
【フェリー】 師崎港→篠島(20分)

篠島は知多半島と渥美半島の先端、三河湾の入口にある観光と漁業の島です。
松島
周囲7km弱、島の一番高いところでも50m程度なので平坦な印象を受けますが、島巡りをやると坂が多くてなかなか大変です。しかし、小高い丘から眺める知多半島や渥美半島、そして夕日に映える小島の景色は“東海の松島”と言われ、三河湾国定公園の中でも代表的な景観を誇っています。
古くから漁業が盛んで活気があり、伊勢、三河の海上交通の要所でもあったことから歴史の深さも窺い知ることができます。
おんべ鯛
伊勢神宮を創建したとされる倭姫命(やまとひめのみこと)は篠島に立ち寄った際、豊かな自然を愛でられ、この島の鯛を贄(にえ)として捧げるように定めたとされています。毎年10月12日の「御幣鯛(おんべだい)奉納祭」には、特別に調理された鯛が伊勢神宮へ奉納されています。2009年には『伊勢神宮に奉納される「御幣鯛」』で「島の宝100景(pdf)」に選ばれています。
帝井
時は南北朝時代の1338年9月、後醍醐天皇はその勢力を固めるため、義良親王(後の後村上天皇)に奥州派遣を命じます。伊勢から船出した親王一行は暴風雨に巻き込まれ、この篠島に漂着し半年ほど滞在したといいます。その時に飲料水としたのがこの井戸水で、後に「帝井(みかどい)」と呼ばれるようになったと伝えられています。
清正の枕石
加藤清正は築城の名手と言われ名古屋城築城の際にも天守台の石垣を築いています。石垣は篠島から多くが切り出され船で運ばれていますが、この「清正の枕石」は枕木に乗せられて海岸まで運ばれましたが、あまりにも巨大だったために船に乗せることが出来ずにそのまま放置されてしまったものだそうです。
前浜海岸
港の反対側にある前浜海岸(サンサンビーチ)は白砂の浜が1km続く人気の海岸で毎年夏になると多くの人が訪れます。
また島の周囲は岩場が多く磯釣りに訪れる人も多いようです。港の所にある海上釣り堀「つり天国」(4月1日~9月30日)も人気ですが、60名定員で予約制になっているので事前に連絡が必要です。Tel.0569-67-3780 篠島漁協内(午前8時~午後4時)

関連リンク

篠島観光協会南知多町

篠島の宿[じゃらん]名古屋発国内ツアー特集

▲日本の島へ行こうTOP▲愛知県の島●篠島

篠島の宿

楽天ウェブサービスセンター

11/05/05------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.