福井県の島蒼島(あおしま)
蒼島 若狭小浜デジタル文化財
蒼島(あおしま)
ナタオレノキの北限
住所/福井県小浜市加斗
面積/0.02km2/周囲/0.8km
人口/無人島
アクセス/加斗の海岸から約1km
京福マリン・加斗マリーナ][若狭マリンプラザマリーナ

蒼島は福井県の南西部にある小浜湾に浮かぶ無人島で、加斗海岸の1kmほど沖合いに位置しています。
島にはタブノキスダジイナタオレノキムサシアブミカラタチバナ等の暖帯性の常緑植物が生い茂り、一年中濃い緑に覆われていることから蒼島という名が付いたものです。なかでも九州や四国の暖かい地域が北限とされていたナタオレノキ(シマモクセイ、サツマモクセイ)が見つかったことで、この地域が新たな北限とされるなど珍しい植生から昭和26年には蒼島暖地性植物群落として国の天然記念物に指定されています。
島の周囲はほとんどが岩場で、東側には波に削られて出来た洞窟もあります。そして南側には小さな鳥居があり、そこから参道の小道を登っていくと頂上付近に蒼島明神があり弁天様が祀られています。
毎年7月15日にはこの弁天様の祭りが行われ、加斗の浜から神主や参拝者を乗せた船が出ます。昔は美しい女性に対して弁天様が嫉妬をするというので女性は近づくことができませんでしたが、今ではそんな言い伝えも無くなり、誰でも参拝できる穏やかな島になっています。ただし、普段は釣り人やカヤックを楽しむ人が近づくくらいで島に上陸する人はほとんどいません。

関連リンク

小浜市ホームページ若狭おばま観光協会

蒼島周辺の宿
若狭の宿[じゃらん]敦賀・若狭周辺の宿[るるぶ]
北陸発国内旅行特集
icon icon
ホテルうみんぴあ icon
icon icon
四季彩の宿 花椿 icon
▲日本の島へ行こうTOP▲福井県の島●蒼島
10/10/14 ---------------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.