福井県の島雄島(おしま)
雄島 東尋坊からの雄島
雄島(おしま)
神が宿り、霊が漂う島
住所/福井県坂井市三国町安島(あんとう)
面積/0.16km2/周囲/2km
人口/無人島
アクセス/えちぜん鉄道三国駅から車で20分
えちぜん鉄道]、[京福バス]、[東尋坊観光遊覧船

雄島は東尋坊の2kmほど北にある無人島で、安島漁港の脇から伸びる朱色の雄島橋(224m)を渡って上陸します。
標高は30mほどしかなく全体的に平べったい島ですが、周囲は安山岩の岩場が続き、東尋坊と同じように見事な柱状節理が見られます。
橋を渡って一の鳥居をくぐり、78段の階段を登った所に大湊神社があり、右に向うと島を一周できる道が左右に伸びています。
大湊神社は延喜式神名帳にも記される古社で、創建は白雉(はくち)年間(650年~654年)だと伝えられます。もともとはこの地方に勢力があった豪族・三尾君に因む社として三尾大明神(三保大明神)が祀られ、海上安全や武運が祈願される場所でした。源義経、朝倉義景、明智光秀等も参拝したと伝えられています。
また、雄島は神霊スポットとしても有名です。東尋坊が自殺の名所であることから、世をはかなんで命を絶った人の亡骸が雄島へと流れ着き、夜になると雄島橋を渡る人を海へ引きずりこむとか遊歩道を反時計回りに歩くと霊界へと入ってしまい戻れなくなるなどの噂が広まっています。
普段は静かな雄島ですが、毎年4月20日には雄島祭りが開催され、賑やかな一日が始まります。朝の9時半から大湊神社で雅楽とともに神事が始められ、子供神輿、舟神輿、乙女神輿と次々に神輿が練り出し、東尋坊で舟神輿と乙女神輿が出会う“逢瀬(おうせ)”が行われます。そして、祭りは「やれ・やんな」の掛け声と供に夜まで延々と続けられます。

関連リンク

福井県坂井市ホームページ三国観光協会

雄島周辺の宿

icon icon

内湯の宿 おおとく icon

icon icon

民宿 明治 icon

三国・あわらの宿[じゃらん]
三国・東尋坊の宿[るるぶ]
北陸発国内旅行特集
▲日本の島へ行こうTOP▲福井県の島●雄島
10/10/28 ---------------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.