兵庫県の島家島諸島坊勢島(ぼうぜじま)
坊勢島(ぼうぜじま)

姫路・加古川の宿[じゃらん]大阪発国内ツアー特集
三洋堂 世界のおみやげショップ

▲日本の島へ行こうTOP▲兵庫県の島▲家島諸島●坊勢島
坊勢島(ぼうぜじま)
坊主が大勢来たので名が付いた
住所/兵庫県姫路市家島町坊勢
面積/1.87km2周囲/11.9km
人口/2,555(H22)・2,962人(H17)・3,262人(H12)・3,110人(H7)国勢調査
アクセス/[坊勢汽船]姫路港→男鹿島→坊勢港(40分)
家島・網手港→長井港(7分)/西島・室の内→奈座港(20分)
他 チャーター船有

家島諸島には変わった地名・島名が多く、歴史の古さを感じさせますが、坊勢島(ぼうぜじま)もその一つだと思います。言い伝えによると元慶七年(883年)、比叡山西塔実相院の高僧覚円が武家に背いた咎(とが)でこの島に流された折りに、師の覚円を慕って弟子数十人が島に移り住んだことに因んで島名が付けられたと言われています。
坊勢島は家島諸島の有人島の中で面積は一番小さい島ですが、人口は家島に次いで二番目に多く、活気がある島です。天然の好漁場に恵まれ漁業が盛んで島民の大半が漁業に従事しており、また島外より多くの釣り客が訪れます。海上釣り堀もあります。
奈座港の近くにある「恵美酒神社」は1,000年以上の歴史があり、毎年11月には秋まつりが盛大に行なわれます。
宿泊は「みなと旅館 <兵庫県>」「民宿山本」「民宿福寿」等々、飲食店や居酒屋もたくさんあります。

関連リンク

姫路市役所坊勢漁業協同組合

家島で検索
楽天ウェブサービスセンター

11/05/21--------------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.