兵庫県の島家島諸島家島(いえしま)
////Yahoo地図////シンプル地図////
家島(いえしま)
地元の人は「えしま」と呼びます
住所/兵庫県姫路市家島町
面積/5.45km2周囲/15.4km
人口/3,355(H22)・4,573(H17)・5,458人(H12)・5,647(H7)国勢調査
アクセス/[高速いえしま][坊勢渡船
姫路港→真浦港→宮港(55分)/坊勢島・長井港→網手港(10分)
他 西島、坊勢島、男鹿島からのチャーター船有り

姫路市の南西約18kmの位置に大小40余りの島々からなる家島諸島があります。有人島は西島、坊勢島、男鹿島、家島と4つあり、家島は家島諸島の中心島です。
太古の昔から趣きのあった島々で、古くは万葉集にも詠まれ、また菅原道真ゆかりの地であったことも知られています。
家島諸島には「家島十景」と呼ばれる名勝があります。これは江戸時代の医者・平野庸脩(ようさい)が播磨国の景勝地、神社仏閣、人物、風俗などを長年に亘って書き留め宝暦12年(1762年)に完成したと言われる「播磨鑑」に基づいているもので、家島には「間浦古郭」「天満霊樹」「藍館眺望」「宮浦夜泊」「白髭霊祠」「赤坂清水」「櫻谷雪景」が定められています。
家島の海岸線は変化に富み、北には家島港(西港・真浦港)、南には網手港と深く湾入している天然の良港は風待ちの港として栄えてきました。
男鹿島や西島は昔から採石で知られていましたが、家島では切り出された石材の運搬業や造船業が明治の終り頃から盛んになり、港にはガット船や貨物船がたくさん並んでいました。しかし時代の流れとともに採石業も次第に下火になり港に並ぶ船の数も減りつつあるようです。
諸島周辺は魚の宝庫で漁も盛んですが、家島の入り組んだ地形には多くの釣りのポイントがあり、釣り人もたくさん訪れます。また海水浴やマリンスポーツに訪れる人も多いようです。
百十八年間の長きに渡って姫路港と家島を結んだ「家島汽船」が2005年5月末に航路を閉じています。これも時代の流れというものでしょうか。
2009年『家島天神祭』で「島の宝100景」に選ばれています。

関連リンク

姫路市役所兵庫県立家島高等学校家島中学校

家島の宿

アイランドハウス いえしま荘

割烹旅館 志みず

やま一荘
大立旅館
料理旅館おかべ
井伊旅館

問い合わせは
家島観光事業組合


姫路の宿[じゃらん]姫路・赤穂・播磨の宿[MAPPLE]
国内ツアー特集TOP

11/03/31-------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.

▲日本の島へ行こうTOP▲兵庫県の島▲家島諸島●家島