兵庫県の島家島諸島西島(にしじま)
西島(にしじま)
西島(にしじま)家島諸島
不思議な「コウナイの石」
住所/兵庫県姫路市家島町西島
面積/6.59km2周囲/21.0km
人口/5人(H22)・56人(H17)・88人(H12)・100人(H7)国勢調査
アクセス/[坊勢汽船
姫路港→坊勢島→体験センター桟橋(48分)
坊勢島・奈座港→室ノ内港(20分)/他チャーター船有り
概要
姫路市の南西約18km、坊勢島の西側に接っしているのが西島です。家島諸島の中では面積が一番広く、古くは高島と呼ばれていましたが、家島の西方にあるのでいつの間にか西島と呼ばれるようになったものと思われます。家島の東側にある男鹿島とこの西島は共に100年以上の採石の歴史があり、山肌が削られて地肌がむき出しになっているのが特徴的です。
コウナイの石
島からは縄文や弥生時代の遺跡が見つかっており、古くから人との関わりがあったことが窺われますが、島の西側頂上付近には誰かが運び上げて転がしたような丸い巨岩があり注目を集めています。この岩は高さが8m、周囲が25mもあり「夜になると光る」、「近づくと病気が治る」、「石の西側では磁石が狂う」、「見方によって様子を変える人面岩」、「古代文字が書かれている」等々の噂があり、呼び名も「コウナイの石」「頂ノ岩」「長老岩」「天の逆矛」など様々の呼ばれ方があり、昔から神が宿る岩として見守られてきました。因みに「コウナイ」と言うのはこの辺りの地名で、古い地図には“構内”や“高内”と書かれたものもあったようです。巨岩は採石場の中にあるため見学には採石会社の許可が必要で、普段はむやみに近づけないようになっています。
南側の半島にある「松島野馬(まつしまのうま)」というのは、江戸時代の医者・平野庸脩(ひらのようさい)が纏めた『播磨鑑(はりまかがみ)』に記される「家島十景」の一つとされるもので、この場所から眺める松島は中国の花山のようで絶景だとしたものです。松島は西島の南5kmのところに浮かぶ小島で、江戸時代は馬の放牧場になっていたようです。(松島野馬[姫路市]
島の南東の入り江にはキャンプや海水浴など野外活動ができる施設「いえしま自然体験センター(旧母と子の島)」があり、子供達の体験学習等に使われています。

関連リンク

姫路市役所コウナイの石(上野・伊藤)

●日本の島へ行こうTOP▲兵庫県の島▲家島諸島●西島

西島の宿
ロッジ
いえしま自然体験センター
Aロッジ…定員10名:13,200円
(休前日:16,500円)
Bロッジ…定員6名:8,200円
(休前日:10,300円)
Cロッジ…定員7名5室:各5,800円
(休前日:7,200円)

16/05/27---Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.