京都府の島蛇島(じゃじま)
蛇島・烏島
蛇島(じゃじま)
佐波賀を襲った大蛇
住所/京都府舞鶴市字佐波賀(さばか)
面積/0.017km2/周囲/0.6km
人口/無人島
アクセス/遊覧船有り(舞鶴市役所隣から出航)

関西の北の玄関口として栄えた舞鶴港は軍港色の強い港でもあります。特に東港は明治期より日本海軍の重要港湾としての地位が確立し、日露戦争の日本海海戦時には多くの軍艦がこの港から出航しています。蛇島と烏島は東港の出口に位置し、丸くて小さい方が烏島、縦長で大きい方が蛇島です。東港に寄港する船は皆この二つの島の横を通過して行きます。
蛇島には当然のようにヘビにまつわる話が残されています。はるか昔、佐波賀の集落が子ナギと呼ばれる谷にあった頃、村人は夜な夜な海を渡ってくる大蛇に悩まされていました。そこで村人は対岸にある雲門寺の和尚に相談すると、和尚は村人を二つに分けて避難させ、だれも居なくなった村に大蛇をおびき寄せて懲らしめて退散させてしまったそうです。以来、村人は谷を挟んで上佐波賀と下佐波賀に分かれて住むようになり、大蛇が棲んでいた島を蛇島と呼ぶようになったと伝えています。
もう一つ島名の由来として語られているのが、天正年間(1573~1592)に逸見駿河守の島城があったというものです。逸見駿河守とは恐らく若狭武田氏の一族とされる逸見宗全のことで、永禄の武田氏内紛で織田信長へ逆心した武将の一人とされています。当初、逸見様の城があるということで逸見島(へんみじま)と呼ばれていたものが「へびじま」に変化し「蛇」の字が当てられ、蛇島になったというものです。
鬱蒼と樹木が覆い、本当に大蛇が棲んでいそうな島ですが、森の中から誰かが日本の節目となる歴史をずっと見続けてきたようにも思えてきます。

関連リンク

舞鶴市ホームページまいづる観光ネット

舞鶴の宿

シーサイドホテル パルコ

URBAN HOTEL<京都府>

舞鶴の宿[じゃらん]舞鶴の宿[るるぶ]
国内ツアー特集TOP[阪急交通社]
▲日本の島へ行こうTOP▲京都府の島●蛇島
11/01/03 ---------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.