滋賀県の島>>多景島(たけしま)
多景島の地図(Yahoo!地図情報)
多景島(たけしま)
多景島(たけしま)
巨大題目岩が鮮血に滲んだ
住所/滋賀県彦根市八坂町(大藪町?)多景島
面積/約0.012km2周囲/0.6km
人口/無人島
アクセス/[オーミマリン]彦根港→多景島(20分)
※3月~11月30日まで運行(30分ほど島に上陸できる)。

彦根港から西北西へ約6kmの所に多景島は浮かんでいます。もともとは草木もほとんど生えないような岩場の島でしたが、江戸時代になって彦根の荒神山から土が運ばれ木が植えられたことで現在のような趣のある島になったようです。島名は竹がたくさん茂っていたので竹島と呼ばれていたものが、角度によって様々な景色を見せるというところから多景島という字が当てられたようです。
島全体が日蓮宗見塔寺(けんとうじ)の所有になっています。見塔寺は1655年に長浜・妙法寺僧慈雲院 日靖上人によって開寺されたとありますから、その時に島に土が盛られ整備されたのかもしれません。
島の頂には高さ20mの「誓いの御柱」が立っています。大正時代に建てられたもので、五角形の柱に「五箇条の御誓文」が刻まれています。道伝いに進むと日蓮上人の銅像があり、その近くに高さ10mの南無妙法蓮華経と書かれた巨大な題目岩があります。日靖上人が元禄年間に3年かけて南無妙法蓮華経という文字を彫ったと言われており、桜田門外で井伊直弼が襲撃されたとき、この題目岩が鮮血で滲んだという言い伝えがあります。
琵琶湖には80箇所以上の湖底遺跡がありますが、この多景島周辺でも遺跡が見つかっています。縄文時代から平安や室町時代に亘る長い期間の沈積物があり、どうしてこのような遺跡が出来たのか謎とされています。

関連リンク

彦根市役所
(社)彦根観光協会:四季折々の彦根の観光情報

▲滋賀県の島TOP ▲日本の島へ行こうTOP
【じゃらんの宿】湖西彦根・長浜
08/11/25更新