静岡県の島淡島(あわしま)
淡島
淡島と富士山
淡島ホテル

美しい駿河湾と富士山を望む大人だけのプライベートリゾートホテル。

沼津の宿[じゃらん]JR+宿[日本旅行]
▲日本の島へ行こうTOP▲静岡県の島●淡島
淡島(あわしま)
高級ホテルとマリンパーク
住所/静岡県沼津市内浦重寺(うちうらしげでら)
面積/0.18km2周囲/2.5km
人口/0人(住民登録無し)
アクセス/JR沼津駅→(車20分)淡島マリンパーク前→(渡船3分)淡島

淡島は伊豆半島の付根の西側、相模湾の一番奥深い海に浮かぶ小島です。標高137m、三角形の山の斜面には鬱蒼と植物が茂り、森の中には70種類を超す野鳥や珍しい昆虫が棲み、温暖で静かな海には熱帯魚も泳ぐ豊かな自然を有する島です。
島内からは弥生式土器が見つかるなど古代人の痕跡は残されていますが、定住の記録は戦後の一時期だけで、無人島の歴史が長いようです。相模湾、富士山、無人島。この立地に開発の手を加えたのは東京相和銀行の会長・長田庄一でした。長田は類稀な経営手腕を発揮し、銀行だけでなく多くの関連企業を立ち上げ、その一環として淡島の開発にも着手しています。
「あわしまマリンパーク(当時、淡島海洋公園)」が開園したのは、日本経済がバブルへの階段に足を踏み出そうとした1984年のことでした。水族館をメインにプールやレストラン、お土産屋などが並び、富士山を見ながら島へ渡れる海上ロープウェイ(09年より休止)が話題を呼んでいます。
そして、バブルが崩壊を始めた1991年に「淡島ホテル」が開業。島の北側に建てられたホテルは全室オーシャンビューのスウィートルームで、天気のいい日には名画にも勝る富士山の絶景が望め、館内には高級な絵画、贅沢な部屋と行き届いたサービス、12歳未満の子供は入館できないという、まさにバブルの象徴とも言える大人の超高級リゾートホテルです。
1999年に東京相和銀行は破綻し、その後不正増資疑惑事件で有罪判決を受けた長田庄一は2010年2月15日に87歳で亡くなっています。戦後のどさくさから一つの時代を築いた男の最期は寂しいものでしたが、残したものもたくさんあるようです。
かつて会員制だった「淡島ホテル」は現在一般客にも開放され少し敷居が低くなりましたが、富士山を望むオーシャンビューと豪華さは健在で、全国にリピーターを持つ有名ホテルです。そして、「あわしまマリンパーク」はアシカやイルカと会える無人島の水族館として家族連れに人気のスポットです。

関連リンク

沼津市役所あわしまマリンパーク