静岡県の島恵比須島(えびすじま)
恵比須島
千畳敷
恵比須島周辺の宿
須崎の宿[じゃらん]JR+宿[日本旅行]
▲日本の島へ行こうTOP▲静岡県の島●恵比須島
恵比須島(えびすじま)
エリカの咲く岬
住所/静岡県下田市須崎
面積/0.08km2周囲/0.3km
人口/無人島
アクセス/伊豆急下田駅より車15分。
バス須崎海岸行終点下車徒歩5分

恵比須島は下田湾を包む須崎半島の南端に位置する小島で、半島とは長さ50mほどの橋で結ばれています。橋を渡ると海岸沿いを一周できる道や頂上へと通じる遊歩道があり、手軽に島内散策が楽しめます。
島の高さは20m程で、頂上には灯台、恵比須神社、日時計、和歌山牧水の歌碑、「エリカの咲く岬」と刻まれた碑があります。
恵比須島指向灯
●須崎恵比須島指向燈…灯台の正式名称。指向灯とは一般的に白、緑、赤の三色の光を発して船の安全航行領域を示すものです。初点灯は昭和47年1月。
恵比須神社
●恵比須神社(夷子神社)…周囲から縄文土器や古墳時代後期の焚き火跡が見つかっており、古代より祭祀場であった可能性が指摘されています。恵比須神社の創建は享保元年(1716年)と伝えられています。
日時計
●日時計…灯台の南側の高台にあります。ここからは相模灘が一望でき、天気がよければ神子元島などを望むことができます。
若山牧水の碑
●若山牧水の歌碑…「友が守る灯台はあはれわだなかの蟹めく岩に白く立ち居り」。酒と旅を愛した歌人・若山牧水が神子元島で灯台守をしている友人を訪ねた時の歌です。文字は長男の若山旅人氏によるものです。
エリカの碑
●エリカの咲く岬…題字の横に松山恵子と刻まれています。松山恵子は'50年代半ばから'60年代にかけてヒットを飛ばした歌手で、「だから云ったじゃないの」は流行語にもなっています。「エリカの咲く岬」は松山が歌ったもので、恵比須島にはエリカ、ハマユウ、ツワブキなどの群生がみられます。
恵比須島周辺の海は透明度が高く、岩場に多くの生物が見られるためシュノーケリングに人気です。そして、南側に広がる千畳敷の大岩盤は磯遊びや磯釣りのポイントにもなっています。干潮時には橋を使わなくても島へ渡れる程の浅瀬ができますが、満潮時には千畳敷も海岸沿いの道も水没してしまうため注意が必要です。

関連リンク

下田市役所伊豆・下田の観光ガイド