静岡県の島大根(おおね)
大根
大根(おおね)
限りなく透明に近い海
住所/静岡県賀茂郡南伊豆町中木
面積/0.02km2周囲/1.0km
人口/無人島
アクセス/石廊崎めぐり[伊豆クルーズ
大根周辺をダイビング[中木マリンセンター

伊豆半島の南端・石廊崎は断崖と奇岩が続く絶景ポイントです。特に西へ続く海岸は奥石廊崎と呼ばれ、大根や君掛根などの岩島を中心に勇壮な景色が広がります。
大根は高さ64m、周囲1kmの小島で、大根島と呼ばれたりもしますが、国土地理院の地図にも大根と記載があることから“大根(おおね)”が正式名称のようです。“根”というのは釣り用語で海中の岩礁や水面に現れた岩場のことで、奥石廊崎の海岸にはたくさんの“根”があり、その中の大きなものとしてそのまま名が付いたものでしょう。
icon icon
奥石廊崎は絶景だけではなく海水の透明度が高いことでも知られ、スキューバダイビングやシーカヤックの穴場として注目されています。石廊崎港から出る観光船に乗れば透き通る海を実感できますが、中木(三坂)港にあるマリンセンターに申し込めばポイントまで運んでくれて、インストラクターのサポートでサンゴや熱帯魚が泳ぐ海を体感できます。人気は大根の対岸にあるヒリゾ浜の静かな海でのシュノーケリングや海中散歩です。
大根は岩だらけで何も無い島に思えますが、近づくとこちらを覗う猿の姿に気付かされます。この猿は完全に野生というわけではなく餌付けされているもので、観光船から餌をやることもできます。あいあい岬から眺める奥石廊の景色はどこか寂しげに思えますが、眼下の大根は意外と賑やかなのかもしれません。

関連リンク

南伊豆町南伊豆町観光協会