東京都の島伊豆諸島八丈島・八丈小島
八丈写真
八丈島地図

八丈島の宿[じゃらん]お買い得!国内ツアー「旅ドキ」

●日本の島へ行こうTOP東京都の島伊豆諸島●八丈島

八丈島の宿--------------------------次のページ
楽天ウェブサービスセンター -------------------------->>>>次のページ

11/06/15--------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.

八丈島(はちじょうじま)伊豆諸島
江戸から遥か島流し
住所/東京都八丈町
面積/69.52km2周囲/51.3km
人口/8,837人(H17)・9,488人(H12)・9,476人(H7)国勢調査
アクセス/[東海汽船][全日空(ANA国内旅行)]
[客船」東京・竹芝桟橋三宅島御蔵島→八丈島(11時間)
[飛行機]東京・羽田空港八丈島空港(50分)
[ヘリコプター(東邦航空)]八丈島空港を基点にして、青ヶ島御蔵島三宅島利島大島とアクセスしています。
概要
東京から南へ290km、今でこそ飛行機に乗れば1時間もしないうちに着いてしまう八丈ですが、江戸時代の頃は「鳥も通わぬ八丈島」と言われ、島抜けも叶わない流刑の地でした。天下分け目の“関が原”で西軍に組した宇喜多秀家が流されたのを始めとして、近藤重蔵の長男、近藤富蔵が隣人7人を切り殺した罪で流されるなど武士や知識人を含め、江戸時代の260年間でおよそ1,900人が流されたといいます。本土から遠く離れた絶海の孤島は、その特異な環境から独特の風俗や風習が生まれ、今に続く文化として引き継がれています。
大里玉石垣
八丈島の歴史や風土を知るには「歴史民俗資料館」。流人がおにぎり一個と引き換えに石を積み上げたと伝えられる島役所跡の「大里玉石垣」。昔の住居の様子が残された「ふるさと村」。江戸幕府の御用船預かり役だった「服部屋敷」。名物黄八丈の製造工程が見学できる「黄八丈染元」等があります。
南原千畳岩
八丈島は北緯33度06分、紀伊半島の先端にある紀伊大島と同緯度にあり、温暖で亜熱帯植物が茂る南国情緒豊かな自然の楽園です。この自然を満喫するには、23haの敷地に約140種類5,000本の植物が楽しめる「八丈植物公園」。間近に八丈小島が望める溶岩原「南原千畳岩」。八丈小島のビューポイントとして知られ、新東京百景にも指定される「登龍峠の展望」。南側の絶景ポイント「名古の展望」。八丈定番の景色「八丈富士」等が挙げられます。
また、島内には20以上の散策路とそのお勧めコースがあり、自然をじっくり味わいながらのトレッキングやハイキングが楽しめるようになっています。植物公園内のビジターセンターで情報を提供しています。
島の特産品は草木染めで有名な「黄八丈」。食べ物ではクサヤや焼酎が定番。『黄八丈(pdf)』は「島の宝100景」にも選ばれています。

八丈小島(はちじょうこじま)伊豆諸島
源為朝自害の地
住所/東京都八丈町
面積/3.08km2周囲/8.70km
人口/無人島(昭和44年6月全戸離島)・91人(昭和44年4月)・513人(天保年間:1830~1844年)・423人(安永年間:1772~1780年)
アクセス/八丈島から釣り船などで渡る
概要
八丈小島
八丈島の西側に子供のように寄り添っているのが八丈小島です。周囲が9km程の小島ですが、標高616.8mの太平山が聳えています。
定住の始まりは定かではありませんが、室町時代にはすでに集落があったと伝えられ、保元の乱(1156)で活躍した源為朝が自害した場所として為朝神社が置かれていました。江戸時代には人口が513人達した記録があり、島の北西と南東に二つの集落があったようです。その後も定住は続き、昭和22年10月の地方自治法施行によって二つの集落は島打村と宇津木村となっています。島の生活は厳しいながら漁業や畜産、テングサの採取などで生活が営まれていましたが、経済成長に取り残された島での生活は次第に定住者を減らし、昭和44年には全島民の離島が決まり、6月には完全に無人の島になっています。
無人島になってからは残されたヤギが繁殖を続け、草木が食い荒らされることで引き起こされる土壌の崩落が近海の養殖や漁業に影響を及ぼすようになり、駆除が叫ばれるようになっていました。そして、しばらく続いた“ヤギの楽園”も2001年ころから捕獲が進むようになり、次第に元の自然が取り戻されてきているようです。
もともと八丈小島は磯釣りやダイビングのポイントが多いことで知られる島で、上陸する人も多いようです。島内には浜小屋や小学校跡などが廃墟として朽ちるままに残されており、2000年に公開された映画「バトルロワイヤル」のロケ地にもなっています。

関連リンク

八丈町公式サイト八丈島観光協会(八丈島へようこそ)
八丈ビジターセンターおじゃりやれ!東京都八丈支庁のHP