東京都の島伊豆諸島神津島
神津島
神津島図
神津島(こうづしま)伊豆諸島
神々が集う島
住所/東京都神津島村
面積/18.48km2周囲/33.3km標高/571.8m人口/1,891人(H27)・1,889人(H22)・2,068人(H17)・2,144人(H12)・2,276人(H7)国勢調査
アクセス/[東海汽船
[高速船]東京・竹芝桟橋大島利島→神津島(3時間10分)
[客船]東京・竹芝桟橋→大島→利島 →新島式根島→ 神津島(約12時間)
[客船]下田港→神津島(2時間40分)
[高速船]熱海港→神津島(1時間35分)※夏季のみ運航
[飛行機]調布飛行場→神津島空港(45分)[新中央航空
概要
東京・竹芝桟橋から南へ約170km、伊豆諸島の中間に位置する島。「新日本後記」承和7年(840)の条には、「上津島」の噴火の記録が残っている。島の中央にそびえる標高571.8mの天上山の山頂から見下ろす景観は素晴らしく、新東京百景にも選定されている。農業・漁業だけでなく観光にも活力がある。『三宅記』によると、伊豆諸島の水分け会議を開くため島の神々が集まったことから神津島と名がついたという。
見どころ
物忌奈命神社(ものいみなのみことじんじゃ)…伊豆諸島の創造主事代主命の一子・物忌奈命を祀る延喜式内社。毎年7月31日~8月2日には、国指定重要無形民俗文化財の「カツオ釣り神事」が催される。
延命山涛響寺…神津島唯一の寺院。
メッポー山…海岸入口の渚にある大亀が沖合いを眺めているような形の大岩。甲羅にあたる部分に木がはえて、ツタがからんだおもしろい形をしている。
郷土資料館…古代の土器・石器、江戸時代の流人資料など島の歴史を伝えるものを多数展示。
天上山展望台新東京百景に選定された景勝地で、白い櫛ケ峰の山肌や伊豆諸島の島々が見渡せる。神津島港から徒歩約1時間。
流人墓地…日蓮宗・不受不施派の僧侶や、小西行長の養女となったおたあジュリアの墓がある。毎年5月には「ジュリア祭」が開催される。
ありま展望台…前浜と村落を一望できる景勝地で晴天には富士山や伊豆半島が望める。この丘には、おたあジュリアを記念した白亜の大十字架が建てられている。
多幸湾海水浴場…天上山の崖が海に落ち込むスケールの大きいパノラマを見ながら泳げる。海岸線の美しさは神津島随一。
都立多幸湾公園ファミリーキャンプ場…平成10年オープン。売店・浴室・ランドリーなどを備えたサービスセンターを中心に、デッキテントサイト、フリーテントサイト、多目的広場、テニスコートなどがある。テントなどのレンタルも可。
三浦湾展望台…約80mの断崖と海食岩で覆われた入江崖上の展望台からは素晴らしい三浦湾の全景と三宅島・御蔵島も眺望できる。
松山遊歩道…多幸湾と三浦湾の間に突き出した岬にある約2.5mの遊歩道。海と奇岩・絶壁の美しい眺望を楽しめる。
ブットーシ岩…長浜海岸にある高さ10mほどの巨岩でその中心部に大穴が突き抜けた珍しい形をしている。
赤崎遊歩道…木造の海岸遊歩道。小さな入江になっていて波もおだやか。熱帯魚やサンゴが豊富で、泳いだり潜ったりして楽しめる。
返浜海水浴場…200mの白浜。奇岩が多く、変化に富む。式根島・新島が臨める。
温泉保養センター…海に面した大小展望露天風呂がある。広さも全国屈指。施設内には気泡湯、圧注湯など数種類ある。ナトリウム塩化物強塩泉で、肩こり、神経痛、腰痛などに効能がある。
前浜海水浴場…1kmにおよぶ白い砂浜で、島最大の海水浴場。
漁村伝承文化「建切漁業(巾着漁)(pdf)」』「島の宝100景」。
<内容はSHIMADASより引用>

関連リンク

神津島村役場神津島観光協会

●日本の島へ行こう東京都の島伊豆諸島神津島

神津島の宿
楽天ウェブサービスセンター

伊豆七島・小笠原の宿[じゃらん]
お買い得!国内ツアー「旅ドキ」
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

19/06/05---Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.