愛媛県の島忽那諸島二神島(ふたがみじま)
二神島
二神島地図

松山市の宿
楽天ウェブサービスセンター

13/04/08-------------Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.

二神島(ふたがみじま)忽那諸島]
中世二神氏の拠点
住所/愛媛県松山市二神
面積/2.15km2周囲/9.9km
人口/205人(H17)・244人(H12)・293人(H7)国勢調査
アクセス/[中島汽船株式会社
[高速船]高浜港中島怒和島津和地島→二神港(1時間16分)
[フェリー]三津浜港→高浜港→中島→二神島(1時間30分)
概要
二神島の港と家並み
二神島は忽那諸島の南西端に位置し、北には怒和島や津和地島、西約4kmには山口県の周防大島が迫ります。もともとは松が多く茂っていたことから“松島”と呼ばれていたようですが、14世紀に長門国の豪族・豊田氏の一派がこの島に移り住んで二神氏を名乗ったと言われていることから、その頃すでに二神島と呼ばれていたのかもしれません。その後二神氏はこの島を拠点とする水軍として勢力を誇っています。安養寺の裏山には600年にわたる二神家代々の墓が残されています。
産業は小規模な漁業とだんだん畑での柑橘類の栽培。ミカンや伊予柑が島の経済を支えています。
巨大さぼてん
アラレガ浜
港の近くのビャクシン自生地は県指定の天然記念物。また近くの民家には樹齢130年とも言われる高さ5mを超える巨大サボテンもあります。
島の南西にあるアラレガ浜は瀬戸内海では珍しい丸石の浜。
宇佐八幡神社は嘉保元年(1094)の創建。応神天皇など3神を祀り、秋祭りには明治の始めに興居島から伝わった「船踊り」が催されます。

関連リンク