愛媛県の島宇和海諸島嘉島(かしま)
嘉島写真
嘉島地図

宇和島の宿
楽天ウェブサービスセンター

15/01/13-------------Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.

嘉島(かしま)宇和海諸島
ハマチの養殖筏が並ぶ
住所/愛媛県宇和島市戸島
面積/0.54km2周囲/3.3km
人口/100人(H22)・146人(H17)・181人(H12)・199人(H7)国勢調査
アクセス/[盛運汽船
[高速船]宇和島港→日振島→嘉島港(1時間12分)
[普通船]宇和島港→嘉島港(1時間3分)
概要
宇和海諸島の嘉島は、蒋淵(こもぶち)半島の先にある戸島の北約1kmに位置しています。古くは戸島村に属し、昭和33年の合併で宇和海村(うわうみむら)、同49年に宇和島市に編入。もとは「加島」という表記でしたが、戸数の増加を喜んで「嘉島」となったといわれています。
島の春日神社の縁起によると勧請は景雲3年(769年)のことだとされています。歴史は不明ながら、江戸時代に宇和島藩の奨励でイワシ網漁が盛んになり集落が形成されていったようです。
昭和40年代までは山の斜面に段々畑が広がる光景が見られましたが、ネズミの被害や人口減少などで耕作地は減り、農業はほとんど行われなくなっています。また、漁業は下火となったイワシ網漁に代わってハマチの養殖が主産業となっています。
嘉島小学校の創立は明治10年(1877)、長い歴史を誇る小学校です。昭和33年(1958)には児童数が152人にもなり、賑やかな校庭が目に浮かびますが、この時をピークに減少が続きます。平成6年に新校舎が完成し、20人ほどの生徒数を維持していましたが、平成21年には2人の生徒が戸島の小学校へ通うこととなり、嘉島小学校は休校になっています。

関連リンク