愛媛県の島四十島(しじゅうしま)
四十島(しじゅうしま)
別名「ターナー島」
住所/愛媛県松山市高浜町
面積/0.0002km2/周囲/0.135km
人口/無人島
アクセス/近くの港からボートで近づく

興居島(ごごしま)と高浜港の間は潮流が激しい四十島瀬戸と呼ばれている海峡です。瀬戸の名前にもなっている四十島は高浜港の南にある黒岩の岬から僅かに150m程のところに浮かぶ小島で、地肌が露呈した岩礁です。
夏目漱石の小説『坊ちゃん』のなかで教頭の赤シャツが、「あの松を見給え、幹が真直ぐで、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」と云うと、野だが「全くターナーですね。どうもあの曲り具合ったらありませんね。ターナーそっくりですよ」と応え、「あの島をターナー島と名づけようじゃありませんか」と提案しています。ターナーとはイギリスを代表するロマン主義の画家で、印象派の先駆けとなる風景画を多く描いています。小説の中では青嶋と名付けられた島に、“野だ”が面白がって「ターナー島」とあだ名を付けた訳です。
小説『坊ちゃん』は、明治39(1906)年に発表され好評を博しますが、小説に出てくるターナー島(青嶋)は四十島がモデルだということで、四十島のことを“ターナー島”、生えている松を“ターナー松”と呼ぶようになったものです。小説が書かれた当時はターナー松も元気だったようですが、松くい虫にやられて昭和50年頃に枯れてしまいます。しかし、地元の有志によりターナー松を復活させようとの働きがあり、その後植林され、保護され、昔ほどではないものの今でもターナー島の趣を残しています。
このような小島は昔から日本人の心情をくすぐりるものがあったようで、松山出身の実業家であり俳人の村上霽月(むらかみせいげつ)は「渦巻いて春の潮落つ四十島」と詠み、日本の近代俳句を確立した正岡子規は「秋晴や松に潮こす四十島」と詠んでいます。

関連リンク

松山市ホームページ松山離島振興協会

四十島
-------1990年頃の四十島-----Photo by wikipedia
四十島周辺の宿
松山の宿[じゃらん]松山市周辺の宿[るるぶ]
ターナー この絵は1823年にターナーが描いたナポリの海岸の絵です。描かれている木は松ではないのかもしれませんが、漱石がイギリスに留学した時にこういった絵を見て、印象に残っていたのかもしれません。
Photo by Turner's Gallery

10/08/13---------------------------------------------Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.

▲日本の島へ行こうTOP▲愛媛県の島●四十島