愛媛県の島宇和海諸島竹ケ島(たけがしま)
竹ケ島写真
竹ケ島地図

宇和島の宿
楽天ウェブサービスセンター

15/01/01-------------Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.

竹ケ島(たけがしま)宇和海諸島
真珠の島
住所/愛媛県宇和島市津島町
面積/0.50km2周囲/3.0km
人口/48人(H22)・58人(H17)・71人(H12)・99人(H7)国勢調査
アクセス/定期船は無く北灘湾の港からチャーター船で15分
概要
愛媛県西方の海、宇和海には2つの竹ケ島があります。日振島の北側にある無人島と津島町沖にある有人島。
津島町柏崎の西南西2.5kmに浮かぶ竹ケ島はいびつな菱形をしており、北東側にエイの尻尾のように高島という無人島が繋がっています。標高172m、平地に乏しく、東側の入り江に港と集落がある漁業の島です。
元禄13年(1700)、宇和島の大庄屋・赤松家によって開拓の手が入れられ、藩の保護のもとにイワシ網漁が発展をみせています。今に残る旧家は日振島からの分家、あるいは淡路島からの移住によるものなど色々と言い伝えがありますが、安定した漁場を求めての移住で集落ができたようです。
明治、大正、昭和と25戸から30戸ほどの世帯数で推移しており、安定した生活がうかがわれます。山の斜面には段々畑が広がり、磯では女性が岩海苔採り、男は船で漁に出かける、半農半漁の生活でした。山には島名の由来でもある竹が生い茂り、串や煙草のパイプにするために大阪から商人が買い付けに来ていたこともあります。
昭和38年には真珠母貝(あこや貝)の養殖が始められ、真珠好況のもとに島内のほとんどの世帯が真珠関連産業に従事するようになっています。しかし、平成8年のウィルス感染症によるアコヤガイの大量死や需要の減少で一頃の勢いをなくしている現状があります。
島の周辺は好漁場が多く、磯釣りや船釣りには最適。灯台の辺りはダイビングスポットになっています。

関連リンク