愛媛県の島忽那諸島津和地島(つわじしま)
津和地島写真
津和地島地図

松山市の宿
楽天ウェブサービスセンター

15/03/07-------------Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.

津和地島(つわじしま)忽那諸島]
映画に夢をかけた男
住所/愛媛県松山市津和地
面積/2.87km2周囲/12.2km
人口/464人(H17)・547人(H12)・629人(H7)国勢調査
アクセス/
[高速船]高浜港中島怒和島→津島地港(1時間3分)
[フェリー]三津浜港→高浜港→中島→二神島→津和地港(1時間58分)
概要
津和地島は忽那諸島の西端に位置し、間近に山口県の周防大島(屋代島)が迫る県境の島です。
港
島の中央に旗山(163m)が聳え、斜面にはミカン畑が広がり、東側の湾に沿って集落があります。産業は柑橘類栽培を主とる農業とタコや鯛を水揚げとする漁業が行われています。
江戸時代中期には風待ち・潮待ちの港として栄え、幕府御用船や朝鮮通信使、参勤交代の大名も寄港していました。当時、松山藩の接待所として「お茶屋」が置かれていた場所には碑が建てられています。
常燈堂跡の碑
寛永14年(1637)、松山藩は津和地港東端の出崎に常燈堂を設置しています。常燈とは現在の灯台にあたる灯籠で、番所に火番を置いて松明を灯していました。跡地は市指定記念物。
昭和20年8月9日、旧海運の輸送艦が津和地島西方沖で米軍機の攻撃を受けて座礁、60人余りの戦死者を出しています。島の南側にあるオダルミの浜には平和の碑、島内の洞源寺に慰霊碑があります。
人物
竜二
この島出身の金子正次(かねこ しょうじ、1949~1983年)は昭和58年に自主映画「竜二」を完成させ、ブルーリボン賞、日本アカデミー新人俳優賞を受賞。同映画公開中に胃癌性腹膜炎により、松田優作らに看取られながら33歳の若さで急逝しています。「チ・ン・ピ・ラ」(1984公開)、「ちょうちん」(1987公開)、「獅子王たちの夏」(1991公開)など彼が脚本を手がけた作品が後に公開されています。

関連リンク