愛媛県の島越智諸島鵜島(うしま)・能島(のしま)・鯛崎島(たいさきじま)
鵜島
鵜島地図

今治市宮窪町の宿
楽天ウェブサービスセンター

15/04/07-------------Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.

鵜島(うしま)越智諸島]
急潮渦巻く
住所/愛媛県今治市宮窪町鵜島
面積/0.76km2周囲/4.4km
人口/33人(H22)・38人(H17)・46人(H12)・58人(H7)国勢調査
アクセス/大島・宮窪港→鵜島(10分)
伯方島・尾浦港→鵜島(15分)
概要
荒神瀬戸の渦
鵜島は伯方島と越智大島の間にある島。全国でも有数の急潮が渦巻く瀬戸に囲まれ、南西には戦国時代に村上水軍の根城となった能島があります。兵糧奉行所、船奉行所、北浜代官所、見張所、造船所、鵜島城など島内に遺構が残され、能島とともに村上水軍の拠点となっていたと考えられています。
室町時代、将軍足利義満がこの島に放した番(つがい)の鵜が繁殖したことが島名の由来だと伝えられています。また、かつては佐島村の支配下に置かれており、左島(佐島)に対して右島(鵜島)となったという話もあります。
江戸時代には織田信長の末裔である織田家が島の組頭を勤め、四代目の織田権四郎が明和9年(1772)に建立したとされる「お堂」が残されています。「お堂」は三十三観音の第1番寺堂で、阿弥陀如来像を本尊としています。
宇佐八幡大神宮は誉田別命(ほんだわけのみこと:応神天皇)、長足媛命(ながたらしひめのみこと:神功皇后)を祭り、拝殿には文政13年(1830)奉納の献額があります。
産業は柑橘類や島らっきょの栽培が盛んで、大島や伯方島へ働きに出る人もいるようですが、進む過疎と高齢化が懸念されています。
能島、田崎島
能島(のしま)・鯛崎島(たいさきじま)越智諸島]
能島村上水軍
住所/愛媛県今治市宮窪町
面積/0.02km2周囲/0.8km人口/無人島
概要
能島と鯛崎島は鵜島と越智大島の間にある小島。
能島は標高31m、周囲600mほどの小さな無人島。周囲は潮の流れが速く、中世には村上水軍の根城「能島城」が築かれていました。信州が起源だとされる村上氏は、瀬戸内海へ移り、能島、来島、因島の3つの家に分立。能島は能島村上氏の拠点となっていました。
能島城三の丸発掘
島内には本丸跡や桟橋跡など能島城の遺構が残っており、昭和28年には国指定史跡となっています。
毎年桜が咲く頃には桜まつりが行なわれ、普段は静かな島も祭りの時には渡船が出て賑やかになります。
鯛崎島
鯛崎島は能島の南に連なる周囲200mほどの小島。水軍城が築かれていた頃は能島と橋で繋がっていたとも言われています。現在は頂上に弁財天があり、毎年夏には「弁財天祭り」が催され、上陸してお参りができます。
鯛崎島の南端にはお地蔵様が。クジラのお礼参り。

関連リンク