広島県の島安芸群島鹿島(かしま)
鹿島地図

▲日本の島へ行こうTOP広島県の島安芸群島●鹿島

鹿島周辺の宿

デル株式会社

鹿島(かしま)安芸群島
石積み段々畑
住所/広島県呉市倉橋町
面積/2.64km2周囲/9.3km
人口/?人(H17)・455人(H12)・512人(H7)国勢調査
アクセス/[倉橋交通(時刻表(pdf)H22.10)]
[バス]桂浜温泉館~室尾~鹿老渡~鹿島小学校~宮ノ口(約30分)

倉橋島の県道35号線を南下、鹿老渡(かろうと)の集落に差し掛かった所を右に折れ、鹿島大橋を渡ると広島県最南端の有人島「鹿島」へ至ります。
鹿老渡伊勢ケ浜
鹿島と橋で繋がる鹿老渡は、江戸時代の参勤交代で潮待ちの湊として利用されたことで発展を見せましたが、300mの瀬戸で隔てられた鹿島は取り残された存在でした。
標高230mの山を中心に斜面が海岸線まで迫り、江戸時代の頃は倉橋島からの出作りや採草地としての利用はあったものの、農耕地として不向きだったことから定住には至らなかったようです。
宮ノ口漁港
鹿島に定住が始まったのは幕末の文久年間(1861~64)の頃だといわれています。周囲の海が好漁場だったことから漁業が栄え、明治期になるとイワシ網漁やタコツボ漁で活況を呈するようになり、次第に人口も増えていったようです。島の東側は崖が続き、西側に瀬戸、家之元、砠之元(はえのもと)、宮ノ口の4つの集落と漁港があります。
鹿島の段々畑
鹿島に定住が始まると、斜面の土地の利用が工夫されるようになります。地すべりが起きないように石を積み、その上に出来た僅かな土地を畑にする。この島に人が住むようになってからずっと繰り返されてきた石積はいつの間にか山の頂に届くようになり、ミカンやキャベツ、ブロッコリーなど季節の野菜や果物が彩りを添えます。段々畑は主に宮之口漁港の裏手に見られます。

関連リンク

呉市(The City of Kure)呉市観光ホームページ「くれナビ」
呉観光協会

瀬戸内で検索
楽天ウェブサービスセンター

11/06/18----------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.