広島県の島下大崎群島三角島
三角島
三角島
三角島(みかどじま)下大崎群島
造船所とミカンの島
住所/広島県呉市豊町久比/豊浜町大字大浜
面積/0.58km2周囲/4.1km人口/34人(H27)・61人(H22)・82人(H17)・76人(H12)・73人(H7)国勢調査
アクセス/【フェリー】大崎下島・久比港→三角港(10分)
概要
三角島は大崎下島・久比地区の北西約500m、久比港から小型フェリーで10分ほどの距離にあります。島の東側に港と集落、南側には造船所[(株)寺岡(三角工場)]があり、山の斜面にはミカンやレモンなどの柑橘類の畑が広がっています。
港にある「美加登神社」は、福岡県の宗像神社の祭神「宗像三女神」を安芸の厳島神社へ勧請(かんじょう)する際、仮宮として創建されたと言われています。厳島神社の創建は593年とあることから、この美加登神社もその頃の創建ということになります。実際、美加登神社の裏手には6世紀のものと思われる古墳が2基見つかっており、古代豪族の支配が及んでいたことがうかがわれます。
宝徳3年(1451年)の小早川家文書に「見賀多島」という表記があることから、古くは「みかた島」と呼ばれていたこともあるようで、“見賀多島”や“三方島”などの字が当てられていました。
造船所に勤務する人や柑橘類の栽培に従事する人が多く、漁業は盛んではありません。しかし、周囲の海はタイやメバルなどが釣れる好漁場として知られており、常連の釣り人も多いようです。また、豊島大橋が開通してからは、はるばる遠くから訪れてフェリーに乗って三角島へ渡る釣り人も増えているといいます。
三角島に宿は無いので、宿泊を希望する人は大崎下島の民宿や旅館に泊まることになります。

関連リンク

呉市

●日本の島へ行こう広島県の島下大崎群島三角島

18/10/07---Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.