広島県の島下大崎群島三角島(みかどじま)
三角島(みかどじま)下大崎群島
造船所とミカンの島
住所/広島県呉市豊町久比/豊浜町大字大浜
面積/0.58km2周囲/4.1km
人口/82人(H17)・76人(H12)・73人(H7)国勢調査
アクセス/【フェリー】大崎下島・久比港→三角港(10分)

三角島は大崎下島・久比地区の北西約500mの位置にあり、久比港から小型フェリーに乗って10分ほどで到着します。島の東側に港と集落、南側には造船所[(株)寺岡(三角工場)]があり、山の斜面にはミカンやレモンなどの柑橘類の畑が広がっています。
港の所にある「美加登神社」は、福岡県の宗像神社の祭神「宗像三女神」を安芸の厳島神社へ勧請(かんじょう)する際、仮宮として創建されたと言われています。厳島神社の創建は593年とあることから、この美加登神社もその頃の創建ということになります。実際、美加登神社の裏手には6世紀のものと思われる古墳が2基見つかっており、この頃既に三角島にも古代豪族の支配が及んでいたことが窺われます。
また、宝徳3年(1451年)の小早川家文書に「見賀多島」という表記があることから、古くは「みかた島」と呼ばれていたこともあるようで、“見賀多島”や“三方島”などの字が当てられていました。
私の勝手な想像ですが、「みかた(三方)」というのは宗像三女神である「田心姫(たごりひめ)」、「湍津姫(たぎつひめ)」、「市杵嶋姫(いちきしまひめ)」のことで、「みかた(三方)」が訛って「みかど」になった。あるいは古墳に葬られている人が「みかど(帝)」に類する人だったので、「みかどじま」と呼ばれるようになった。更には3つの山が並んで見えるので「三肩島→三方島→三角島」等々・・・。いろいろと想像を巡らせるだけで面白いものです。
三角島は造船所に勤務する人や柑橘類の栽培に従事する人が多く、漁業は盛んではありません。しかし、周囲の海はタイやメバルなどが釣れる好漁場として知られており、常連の釣り人も多いようです。また、豊島大橋が開通してからは、はるばる遠くから訪れてフェリーに乗って三角島へ渡る釣り人も増えているといいます。
三角島に宿は無いので、宿泊を希望する人は大崎下島の民宿や旅館に泊まることになります。

関連リンク

呉市(The City of Kure)呉観光協会

▲日本の島へ行こうTOP▲広島県の島▲下大崎群島▲三角島※大崎下島
呉・江田島の宿[じゃらん]
◆東広島・呉・竹原の宿[楽天トラベル] icon
10/01/28