広島県の島安芸群島大奈佐美島絵の島
大奈佐美島
大奈佐美島(おおなさびじま)安芸群島
広島湾要塞の入口
住所/広島県江田島市沖美町美能
面積/0.7km2周囲/4.6km人口/無人島
アクセス/チャーター船
概要
大奈佐美島は能美島の北約1km、厳島(宮島)から東へ約1.3kmの海上に浮かぶ無人島。かつては「大那沙美島」という表記もありましたが、国土地理院の地図にあるように「大奈佐美島」が一般的になっています。
幕末のペリーの来航以来、攘夷が叫ばれるようになり、1864年、広島藩は厳島海峡防備のために厳島とこの大奈佐美島に砲台を設置しています。幸い砲台は使われることはありませんでしたが、明治期に入り広島湾の軍事的重要度が高まり、明治33年には改めて砲台が設置されました。
太平洋戦争が終わり広島湾要塞が崩壊、大奈佐美島も軍事的役目を終えています。その後、江田島から入植者があり、暫くは定住者がいたようですが、昭和45年に港湾土木会社によって島が買い取られたことで、再び無人の島になっています。
港湾土木会社所有になってからは、土砂採掘により島が変形するほどに削られ、緑の無い裸の島になりかけましたが、近隣住民の要望もあり植林が行われ緑を取り戻したようです。
現在の大奈佐美島は、北側の海にカキ養殖筏が並び、周囲には釣り船が揺れる長閑な風景が広がっています。島内にはヤブの中にかつての採石場の建物やトラックが朽ちるままに放置されています。
絵の島
絵の島(えのしま)
かつての賑わいも波と消ゆ
住所/広島県江田島市沖美町美能
面積/0.21km2周囲/?km人口/無人島
アクセス/チャーター船
概要
絵の島は大奈佐美島の北約1.3kmにある小島で、2つの島が砂州で繋がってコの字型の深く抉れた湾を成しているのが特徴的で、かつては小奈佐美島(小那沙美島:こなさびじま)と呼ばれていました。
標高35m。頂上には「安芸絵ノ島灯台(明治37年初点灯)」が聳えています。島内にはレンガ造りの古い建物や人為的に掘られたものなのか、不自然に口を開けた6つの洞窟があり、冒険心をくすぐります。
昭和初期、リゾート施設建設を目的として個人が島を所有。その時の遺構が残されています。
敗戦間もない頃は駐留米軍の保養地として使われていました。米軍が去った後の昭和28年には瀬戸内海汽船(株)が島を買い取り、海水浴場として砂浜を整備し、夏季限定の渡船も運航されていました。
昭和36年に島名が現在の「絵の島」に変更され、当時はリゾート地としてかなり人気があり、毎年シーズンになると8万人以上の来島者があったといいます。
しかし、時代が進むとともに島を訪れる人も数を減らし、平成2年に海水浴場は閉鎖になり無人の島になっています。

関連リンク

江田島市

●日本の島へ行こう広島県の島安芸群島大奈佐美島

18/10/12---Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.