広島県の島芸備群島佐木島(さぎじま)
佐木島
佐木島地図
▲日本の島へ行こうTOP広島県の島芸備群島●佐木島
佐木島の宿
三原市の宿

12/05/24--------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.

佐木島(さぎじま)芸備群島
漁師のいない島?
住所/広島県三原市鷺浦町
面積/8.72km2周囲/18.2km
人口/965人(H17)・1,134人(H12)・1,321人(H7)国勢調査
アクセス/
【フェリー】三原港→佐木港(25分)[しまなみ海運
三原港→向田港(35分)[三原海陸運輸]
因島・重井港→向田港(12分)
【旅客船】三原港→向田港(20分)
【高速船】生口島・瀬戸田港→向田港(10分)

佐木島写真
佐木島は芸備群島を構成する島の一つで、三原市の南約3kmの海上に位置し、東に因島、南に生口島、南西には高根島と多くの島々に取り囲まれています。形は草鞋のような楕円形をしており、中央に大平山(267m)と狗山(いぬやま:251m)の二つの尖った山が見えるのが特徴です。
大野浦海水浴場
海岸線は変化に富み、海水浴が楽しめる白砂の浜や磯釣りのポイントも点在しています。特に北部の大野浦海岸や柄鎌(えがま)瀬戸は自然海浜保全地区として景観が保護されている場所で、釣りや海水浴に人気です。
歴史的な文化遺産
磨崖和霊石地蔵(まがいわれいしじぞう)…高さ2.7m、幅4.7mの巨岩の側面に地蔵が彫り込まれているもので、鎌倉時代の正安2年(1300)の作とされています。満潮時には首まで海に浸かり、埋もれてもなお祈り続ける仏の姿に心が動かされます。地蔵仏の両脇に刻まれる銘文に「殺生禁断」の文字があり、これがこの島で漁が行われない理由なのかと思ったりします。県指定文化財。
向田亀山八幡宮…天治元年(1124)に京都石清水八幡宮の分霊が勧請されたと伝わり、京都と同じ「左三つ巴」の紋が使われています。
安楽寺山門…三原城内にあった浅野忠英(ただふさ)邸の御成門を明治10年に移築したもので、天正年間(1573~91)の築造だとされています。市指定重要文化財。
寺山三十三観音
寺山三十三観音…天明6(1786)年に安置された三十三躰の観音地蔵。天明の大飢饉での被害を憂い、家内安全、五穀豊穣を祈願し安置されたものです。
産業は農業が中心で、殺生を嫌うという理由から漁業は根付かず、漁師のいない島として知られてきました。特産品は麓の段々畑で栽培される柑橘類、メロン、スイカ、ワケギなどが挙げられます。しかし島外に働きに出る人も多く、次第に島の産業も元気を無くしているのが現状で、島では元気を取り戻そうとトライアスロン大会や昭和の時代に盛んだった潮干狩りを復活させようと色々な試みが行われています。トライアスロン大会は毎年8月の最終日曜日に開催され、年々盛況さを増しています。

関連リンク

三原市HP三原観光協会