香川県の島塩飽諸島>櫃石島(ひついしじま)
櫃石島(ひついしじま)
櫃石島(ひついしじま)
大橋の下で行われる伝統行事
住所/香川県坂出市(さかいでし)櫃石
面積/0.93km2周囲/5.5km
人口/205人(H22)・236人(H17)・259人(H12)・285人(H7)国勢調査
アクセス/
【バス】JR児島駅→櫃石島(19分) /JR坂出駅予島岩黒島→櫃石島(55分)
【観光船】あさひ観光船(本浦漁港)にじ観光(丸亀港)

岡山県側から瀬戸大橋を渡ると最初に通過するのが櫃石島です。岡山県倉敷市の下津井港や鷲羽山から間近に見える島ですが、その海峡に岡山県と香川県の県境があり、櫃石島は香川県に属しています。産業は近海での潜水による立貝やミルクイ貝などの採貝や底引網漁が中心の漁業の島で、昭和63年4月に瀬戸大橋が開通するまでは船が頼りの生活でした。
櫃石島というのも珍しい名前です。櫃とは蓋のある大きな入れ物のことで、箱のように大きな四角い石のことをそのように呼ぶのだと思いますが、群馬県の赤城山の中腹にも櫃石というのがあって、古代遺跡の祭祀場に使われていたものだとされています。群馬県も櫃石島も近くに石切場があって、そこから切り出されたものかもしれませんが、人の力では動かせないような巨大な石には神が宿ると考えられ、神が入る箱として櫃石と呼ばれるようになったのではないでしょうか。
櫃石島の南側には昔の石切場跡や島名の由来になった櫃岩を実際に見ることができます。この岩の下には瀬戸内海を荒らしまわった藤原純友や平家の落人の隠し財宝が眠っているという伝説があります。
瀬戸大橋の開通は島の生活に大きな変化をもたらしましたが、島を育んできた文化や伝統は大切に保存されています。
毎年1月下旬に王子神社で催される「ももて祭り」は、裃(かみしも)に袴(はかま)姿の男達が弓を射て、家内安全や豊漁を祈る神事で、600年の伝統があり、県の無形民俗文化財に指定されています。また、王子神社の境内にある巨岩は「キイキ石」と呼ばれ、昔は手の平に入るくらいの小石が年々大きくなって現在のような巨岩になったと伝えられています。ちなみにキイキとはネズミのことのようです。
島内の北と東に2箇所の展望台があります。違った角度からの瀬戸大橋を楽しむことができます。
櫃石島には宿はありません。

関連リンク

香川県坂出市 トップページ坂出市観光協会ホームページ
さぬき瀬戸 しまネッ島

宿・ホテル予約ならじゃらんnet
▲日本の島へ行こうTOP▲塩飽諸島
▲香川県の島TOP
坂出・宇多津の宿[じゃらん]
◆坂出・宇多津・丸亀の宿
10/01/16