岡山県の島児島諸島竪場島(たてばじま)
竪場島(たてばじま)[児島諸島]
くじら島
住所/岡山県倉敷市児島唐琴町
面積/0.12km2周囲/2km
人口/0人(H17)・0人(H12)・2人(H7)国勢調査
アクセス/ 児島観光港下津井港からチャーター船
「釣船・遊覧船 からこと丸」

竪場島は倉敷市の南部にある児島港を形作る湾の真ん中に浮かぶ島で、港のどの波止からも3~4kmの距離にあるため、釣りで島を訪れる人も多いようです。
標高は45mで平たく、鯨が浮かんでいるような形に見えるため、地元では鯨島と呼んだりしています。
瀬戸内海の他の島々と同じように、この島からも古代の遺物が見つかっていることから、古くから海上での交通が発達していたことや交流が盛んだったことが分かります。江戸時代には岡山藩の馬の放牧場として使われていましたが、おそらく定住者があったり無かったりの状態だったのでしょう。また、詳細は分かりませんが、現在この島は個人所有の島のようです。所有者の方の登録なのか、平成2年、平成7年の国勢調査では2人の居住者を数えています。しかし、その後の登録は無く、無人島ということになっています。
竪場島という名前は、この島で“船たで(フナタデ)”が行われていたことに由来するそうです。“船たで”とは「船の保ちをよくするために、船を浜に揚げて船底の外側を火であぶり、船食虫を殺すとともに船板にしみ込んだ水分を除くこと。」(デジタル大辞泉)とありました。昔は、この“船たで”を行うために、島の砂浜に船が並んでいたのでしょう。
竪場島の航空写真には民家とみかん畑のようなものが写っています。現在でもみかん栽培が行われたりしているのでしょうか?また、写真からは分かりませんが、頂には由加(ゆが)神社の石の祠と海岸には鳥居があります。
由加神社はこの地の由加山に本宮があり、江戸時代には岡山藩主池田氏の祈願所となっていた社で、この神社と讃岐の金刀比羅宮の両方を参拝する両参りと言われる慣習があります。

関連リンク

倉敷市公式ホームページ倉敷観光WEBサイト

竪場島周辺の宿

倉敷・児島・鷲羽山の宿[じゃらん]
下津井・鷲羽山・瀬戸大橋の宿[JTBるるぶ]

10/07/23----------------------------------------------------------------Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.

▲日本の島へ行こうTOP▲岡山県の島▲児島諸島●竪場島