鳥取県の島青島(あおしま)
青島 青島

鳥取の宿[じゃらん]中国・四国への旅
レンタカー予約

▲日本の島へ行こうTOP▲鳥取県の島●青島

青島(あおしま)
鳥取県で一番大きな島
住所/鳥取県鳥取市高住
面積/0.15km2周囲/1.8km
人口/無人島
アクセス/
日ノ丸バス吉岡行き]JR鳥取駅→青島公園(18分)、徒歩5分
[JR山陰本線]湖山駅or鳥取大学前から車で15分。
鳥取駅前から車で20分。

鳥取県は日本海に面する海岸線が100kmほど続いていますが、目だって大きい島は無く、鳥取市街地の西の外れにある湖山池(こやまいけ)に県内で一番大きな島「青島」が浮かんでいます。
湖山池
湖山池はもともと海が深く入り込んだ湾を成していたものが堆積する砂によって塞がれて池になったもので、入り口が完全に閉ざされたのは江戸時代の始めの頃だと言われています。池と言っても水には僅かに塩分が含まれ、周囲が18kmもある大きなもので、池内には5つの小島が点在し、その中の一番大きな青島が池を見守るような形で中央南部に浮かんでいます。
青島は山陰地方で初めて縄文式土器が発見された場所として知られています。古代の湖山池は日本海へ大きく口を開き、貝などの獲物がたくさん採れる恵みの潟が広がっていたことが想像できます。そして、青島からは縄文から古墳時代にかけての遺物が多く見つかっていることから、周辺は古くから人の営みがあった場所であり、また、古墳時代の子持勾玉(こもちまがたま)が出土されたことで、祭祀が行われる場所だったのではないかという指摘もなされています。
現在の青島は昭和44年に架けられた青島大橋で湖山池の南岸と結ばれ、歩いて渡ることができます。島内にはキャンプ場や多目的広場、桜並木の遊歩道が整備され、毎年桜が満開になる頃には多くの人が見物に訪れる市民憩いの場となっています。

関連リンク

鳥取市公式ウェブサイト鳥取市観光協会