山口県の島周南諸島野島
野島
野島(のしま)周南諸島
笑って島作り
住所/山口県防府市(ほうふし)大字野島
面積/0.73km2周囲/3.4km人口/94人(H27)・145人(H22)・180人(H17)・225人(H12)・245人(H7)国勢調査
アクセス/[高速船:野島海運三田尻港→野島港(27分)
概要
野島地図
防府市三田尻港から南東へ14.8km、周南市の大津島の南約4km、沖島、平島、そして野島と続きます。
野島は高さ70m程の台地状の島。北西の港以外は断崖や岩場が続き、沖島、平島を含めて磯釣りのポイントがたくさんあります。
主産業は小型底引網の沿岸漁業。野原が多いことから「野の島」と言われていたことが島名となったようです。また、ツツジの群生が見られ、花が満開になると島全体が茜色に染まったことから「茜島」とも呼ばれていました。
島の開拓は鎌倉時代末期に富海(とのみ:防府市)からの入植によるものだという説と慶長年間(1596~1615)に祝島から僧が訪れて開拓したという2つの説があります。港にある矢立神社の創建が万治3年(1660)だと伝わることから江戸時代の初め頃には集落が出来ていたようです。
大笑い観音
矢立神社では毎年旧暦の6月と9月に例年祭が行われ、4年に一度催される御年祭(ごねんさい)では県の無形民俗文化財に指定される神楽「十二の舞」が披露されます。この神楽は周南市北西部の和田地区に古くから伝わる三作神楽(みつくりかぐら)が明治時代になって矢立神社に奉納されるようになったものです。
右手に釣竿、左手に鯛、顔に満面の笑みを浮かべた「大笑い観音」は平成8年8月8日(ハ・ハ・ハの日)に建てられたもので、「いつまでも笑顔を忘れずに生きていこう」という島民の願いが込められています。
今では島を染めたツツジも見られなくなりましたが、春にはたくさんの桜が島を桜色に染めています。海水浴場やキャンプ場、住民手作りの歴史資料館もある長閑な野島を訪れる人は多いようです。

関連リンク

周南市周南市観光協会

●日本の島へ行こう山口県の島周南諸島野島

野島の宿
旅館のしま屋

18/08/12---Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.