山口県の島周防大島諸島沖家室島(おきかむろじま)
沖家室島
沖家室島
沖家室島周辺の宿
●日本の島へ行こう山口県の島周防大島諸島●沖家室島
周防大島町の宿
楽天ウェブサービスセンター

12/01/23--------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.

沖家室島(おきかむろじま)周防大島諸島
家室千軒と過疎高齢化
住所/山口県大島郡周防大島町大字沖家室島
面積/0.95km2周囲/5.0km
人口/170人前後?(H17)・202人(H12)・262人(H7)国勢調査
アクセス/[バス]JR大畠駅→大島大橋→沖家室島(約1時間)

本浦漁港
沖家室島は山口県最大の面積を持つ周防大島(屋代島)の南側に位置し、対岸の佐連(され)地区と沖家室大橋(380m)で結ばれています。全体的に山がちで平地はほとんど無く、北側の比較的緩やかな斜面に州崎と本浦(ほんうら)の集落が軒を連ねています。
かつてこの辺りは大島郡東和町という地名で、日本一高齢化が進む町として有名になったことがあります。高齢化率(65歳以上の人口の割合)が20%を超えた1980年頃から囁かれ始めたもので、そのなかで最も老人世帯が多い地域として紹介されていたのがこの沖家室島でした。2010年の国勢調査では全国の高齢化率が23%という超高齢化社会となり、お年寄りが7割を超える島も珍しくなくなってきましたが、お年寄りの元気な島としての沖家室島は健在なようです。
この島の開拓は慶長11年(1606)に伊予河野氏の家臣だった石崎勘左衛門によるものだと伝えられます。島内には室町時代のものと思われる五輪塔や宝塔の跡があり古い時代の居住も窺われますが、江戸時代の始めの開拓がその後の発展へと繋がっています。
泊清寺
本浦にある泊清寺(はくせいじ)は古くからあった禅寺を寛文3年(1663)に浄土宗の円隆上人が再興したもので、寺としての役割だけではなく萩藩の船番所や参勤交代の時に九州の大名が宿泊する海本陣としても利用されていました。
番所や本陣としての利用で賑わいを見せる沖家室島でしたが、なにより人口が増えていった理由は漁業の発展でした。一本釣り漁法が持ち込まれたことで鯛やハマチ等の高級魚が獲れる漁場に各地から漁師が集まるようになり、江戸期の後半から沖家室島の人口は爆発的な増加を見せ、それに伴う商業の発達と共に明治20年頃には島の人口は3,000人に達したという記録があります。この頃は「家室千軒」と呼ばれ、人口過密は漁業出稼ぎを生み、東シナ海方面への出漁だけではなく、ハワイへの漁業移民を多く輩出しています。
泊清寺の横にある“ふか(鰐)地蔵堂”は海の守り神として信仰され、毎年お彼岸にはご開帳と祭りが催されます。神の化身として海で遭難した娘を救ったフカ(鮫)の話が残されており、後に地蔵が安置され“ふか地蔵”と言われるようになったものです。
昭和51年(1976)に柳井市大畠と周防大島を結ぶ大島大橋が開通し、昭和58年には待望の沖家室大橋が開通しています。これで本州から沖家室島まで陸伝いとなり離島の不安は解消されましたが、残念ながらその後も人口減少は止まらず、一段と過疎化が進む島となっています。しかし、お盆になると子、孫、親類縁者があちらこちらから里帰りを果たし、“盆に沈む島”と言われるほどの賑わいを見せます。

関連リンク

周防大島町周防大島観光協会