山口県の島響灘諸島角島(つのしま)・鳩島(はとしま)
角島大橋 角島大橋
角島地図
角島の宿
つのしま旅館大浜キャンプ場(バンガロー有)
[角島周辺の宿]
下関・長府・川棚の宿[じゃらん]
国内ツアー特集TOP[阪急交通社]
●日本の島へ行こうTOP▲山口県の島▲響灘諸島●角島
豊北の宿
楽天ウェブサービスセンター

12/02/22 -------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.

角島(つのしま)響灘諸島
コバルトブルーの海と爽やかな風
住所/山口県下関市豊北(ほうほく)町大字角島
面積/3.94km2/周囲/17.1km
人口/907人(H20住基)・941人(H12)・1,026人(H7)国勢調査
アクセス/[バス:ブルーライン交通
JR特牛(こっとい)駅→大浜海水浴場(30分)

角島大橋
角島は山口県北西部の響灘に浮かぶ島。コバルトブルーの海士ケ瀬戸(あまがせと)を一直線に貫く角島大橋(1780m)を渡ると、爽やかな風が吹きぬける角島です。
島で一番高い所でも標高が66mの平坦な島ですが、四方に整備された高台の公園からは大海原の絶景が望めます。北東端の「牧崎風の公園」、角島大橋のビューポイント「瀬崎陽(あかり)の公園」、西端の「夢崎波の公園」、灯台が立つ「角島灯台公園」等々、どこからでも美しい眺望が楽しめます。
角島灯台
角島灯台は“日本の灯台の父”とも言われるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計によるもので、明治9年に初点灯を迎えています。高さ29.62mの御影石造りの灯塔は日本一の美しさだと評され堂々とした姿を見せています。灯台横には旧吏員退息所を復元した灯台記念館や売店もある展望ギャラリーがあって、休憩ができたり展示物を見学できるようになっています。
icon icon
まるで南国に来たようなコバルトブルーの美しい海、そして白い砂。しおかぜコバルトブルービーチや大浜海水浴場には夏になるとたくさんの人が訪れます。大浜の所にある「つのしま自然館」には角島のいろいろな情報が紹介してあります。島を訪れた時にはちょっと覗いてみましょう。
鳩島(はとしま)響灘諸島
角島大橋のアクセント
住所/山口県下関市豊北町
面積/0.01km2/周囲/0.5km
人口/無人島

鳩島
鳩島は角島大橋の真ん中辺りにある小島です。
玄武岩の島で、北側は岩が露出しており見事な柱状節理が見られます。南側と東側に僅かに砂浜があり、南西から砂州が延び浅瀬が続いています。
島の周囲は北長門海岸国定公園の第1種保護区域に指定されているので、角島大橋(平成12年完成)は環境を損ねないように鳩島を迂回するように造られています。

関連リンク

下関市HPしおかぜの里角島