福岡県の島>筑前諸島>相島(あいのしま)
相島
相島地図

●日本の島へ行こうTOP▲福岡県の島>▲筑前諸島>●相島

相島周辺の宿
相島の民宿[YAHOOロコ]
福岡市東区の宿[じゃらん]
相島(あいのしま)[筑前諸島]
勾玉の形をした歴史の島
住所/福岡県糟屋郡新宮(しんぐう)町大字相島
面積/1.22km2周囲/6.70km
人口/368人(H17)・409人(H12)・441人(H7)国勢調査
アクセス/【船】新宮漁港→相島漁港(17分)

町営渡船「しんぐう」
相島は西鉄貝塚線の終点西鉄新宮駅に程近い新宮漁港から渡ることができます。片道17分、定員164人の町営渡船「しんぐう」は夏季1日6便、冬季5便の往復運航があります。
■『日本書紀』に記され、『万葉集』や『続古今和歌集』にも詠われる島。古くは「吾瓮島」「阿倍島」「阿恵島」「阿閉島」「藍島」などの表記も見られます。
積石塚群
長井浜にある積石塚群は海辺の石を積み上げて造られたもので、500m続く海岸に250基以上の古墳が見つかっています。造られたのは5~7世紀、『日本書紀』や『筑前国続風土記』にある「吾瓮海人(あへのあま)」、つまり相島にいた古代海人族が造ったもののようです。
■勾玉のような形をした島の南側に港と集落があり、周囲の海岸線は断崖と岩場が続き、岩や石にまつわる名所が多いのが特徴です。
島の北側にある岩宮神社潮井の石は秀吉が朝鮮出兵の時にこの島に立ち寄り、勝利を祈願したとされる神社。そして兵士に積石をさせた場所だと言われています。
また断崖絶壁の中にある「穴観音」は海上安全、無病息災を祈願して造られたもので、人一人がやっと入れる岩穴を下りると10畳ほどの洞窟が広がりそこが祈願所になっています。現在は崩落の危険があるので立ち入り禁止になっています。
南端の竜王石は漁師の信仰を集める巨大石。毎年11月には竜王祭りが催されます。
鼻栗瀬
そして、東端の鼻面半島の300m沖にある鼻栗瀬は通称「めがね岩」といい、高さ20mの玄武岩の真ん中が波に侵食されて穴があいたもので、長井浜からの鼻栗瀬が相島の代表する景色になっています。
■神社も見どころです。
恵比須神社…豊漁と安全を願う漁の神様。若宮神社…島の氏神。御神木の「ユズカズラ」の葉や実は安産のお守りとなります。毎年1月10日に催される恵比須祭りは若宮神社から出発します。剣神社…明治時代にたくさんの剣が発掘されたので神社が建てられたもの。平安時代、筑前大島に配流された安倍宗任が隠したとの言い伝えもあります。
■外国との接触
朝鮮通信使
日蒙供養塔…元寇(1274年・1281年)の時、この島にも日蒙多くの屍が流れ着いたといいます。その慰霊として建てられたもの。朝鮮通信使客館跡…江戸時代に朝鮮通信使が復活し、黒田藩は相島に迎賓館を作り、それを迎えています。遠見番所跡…現在、相島の最高点・高山(標高77m)には灯台が立っていますが、江戸時代には異国船を見張る遠見番所が置かれていました。

関連リンク

新宮町新宮町立相島小学校