鹿児島県の島奄美群島>加計呂麻島(かけろまじま)
加計呂麻島の地図(Yahoo!地図情報)
加計呂麻島(かけろまじま)
加計呂麻島(かけろまじま)
「影の島」「かげろうの島」
住所/鹿児島県大島郡瀬戸内町
面積/77.39km2周囲/147.5km
人口/1,547人(H17)・1,704人(H12)・1,752人(H7)国勢調査
アクセス/【船】
古仁屋港→瀬相(せそう)港(25分)
古仁屋港→生間相(いけんま)港(20分)
他古仁屋から渡船、チャーター船あり

奄美大島の南側には加計呂麻島、与路島、請島、そして幾つもの小島が点在しています。加計呂麻島は大島と海峡を挟んで接しており、一番狭いところで1kmほどの距離しかありません。大島に同化するように存在するため「影の島」「かげろうの島」と呼ばれていたものが転じて「かけろま」になり、加計呂麻という字が当てられたと言われています。
平地は少なく海岸線は入り組んだリアス式をしています。その入り江に30もの集落が点在しており、それぞれの集落にそれぞれの風習が封じ込まれています。なかでも南東部の諸鈍(しょどん)地区に伝わる「諸鈍シバヤ」は平家の落人伝説にまつわる伝統芸能で、国の重要無形文化財に指定されています。毎年旧暦9月9日に諸鈍の大屯神社で開催されており、紙の仮面を被った男達が次々と演目を演じ踊る様はユーモラスでもあり珍しいものです。“シバヤ”とは「芝居」が訛ったものだとか、「周囲を柴で囲った小屋」のことだとか言われていますが、その起源と共に諸説あるようです。
加計呂麻島の一番の魅力は美しい自然ということに尽きますが、観光客がよく訪れる場所は「デイゴ並木」「嘉入の滝」「渡連海岸」「徳浜海岸」などです。諸鈍にあるデイゴ並木は樹齢300年と言われるデイゴの木々が並び、5月から6月にかけて真っ赤な花を咲かせます。
加計呂麻島の深く入り組んだ地形は太平洋戦争当時、軍の秘密基地などに利用されました。北部の薩川湾は戦艦大和や武蔵が停泊した港として有名です。また中部の「文学の森公園」がある呑之浦(のみのうら)はかつて特攻水雷艇「震洋」の基地があったところで、震洋特攻隊の生き残りとして、その時の体験を純文学小説として書き上げた島尾敏雄の碑があります。代表作は「死の棘」「出発は遂に訪れず」「震洋発進」等があり、「死の棘」は1990年に映画化されカンヌ映画祭でグランプリを獲得しました。(監督:小栗康平、主演:松坂慶子)
北側の芝漁港のところには昇 曙夢(のぼりしょむ)の胸像があります。彼はこの島出身のロシア文学者で、昭和24年に「大奄美史」を著しています。
北の実久(さねく)から南の諸鈍まで20km弱の距離ですが、島内散策はなかなか大変です。バスもありますが、レンタカーがお勧め。坂道が多いので自転車はちょっと大変そうです。
2009年1月、「にほんの里100選」に選ばれました。
2009年『諸鈍シバヤ(芝居)』で「島の宝100景」に選ばれました。
お土産はかけろま きび酢 500ml 【健康飲料】[サトウキビ]

関連リンク

ようこそ 奄美 瀬戸内町のホームページへ
ようこそ加計呂麻島へ トップページ

●奄美大島の宿(じゃらん) icon
▲鹿児島県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP
▲奄美群島
※奄美大島 ※請島 ※与路島
09/05/02--------------------------------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.