鹿児島県の島大隅諸島>黒島(くろしま)
黒島の地図(Yahoo!地図情報)
黒島(くろしま)
黒島(くろしま)
お別れは「あしたよなー」
住所/鹿児島県鹿児島郡三島村黒島
面積/15.37km2周囲/20.1km
人口/239人(H17)・259人(H12)・245人(H7)国勢調査
アクセス/【船】村営船「みしま」
鹿児島本港南埠頭→竹島→硫黄島→大里港(4時間55分)→片泊港(40分)

黒島という名前の島も日本全国にはたくさんあって、ざっと数えただけでも15箇所ありました。単純に考えて周りの島よりも黒く見えるところからそういう名が付いたのだと思います。この三島村の黒島はミニ屋久島といった感じで、標高622mの櫓岳(やぐらだけ)を中心に裾野が海岸線まで迫り、川も多く豊富な水を湛えた土壌に豊かな森が育まれています。いにしえ人の目にはその緑豊かな森が硫黄島や竹島よりも黒く映ったのでしょう。
黒島は三島村(黒島、硫黄島、竹島)の中で面積も一番大きく人口も多い島ですが、鹿児島から一番遠い島でもあります。竹島、硫黄島を経て5時間もの船旅になります。
東に大里、西に片泊と二つの集落があり、平家の落人伝説も語り継がれています。壇ノ浦の戦い(1185年)に敗れた平氏は東奔西走、この黒島にまで逃げのびて来ました。伝説によると大里には公家衆、片泊には武士達が分かれて住み着くようになったと言われています。さらには平氏を追ってこの島を訪れた源氏方の武将・大庭三郎という人が島の娘をみそめて、そのまま島に住み着いたという話もあります。大庭(オオバ)どんが訛って島民にイバドンと呼ばれるようになり、その墓が島の南側に「イバドンの墓」として残されています。
有吉佐和子の小説『私は忘れない 』 は黒島が舞台になっています。昭和34年に朝日新聞に連載、翌35年には映画化もされています。戦後の復興から経済成長へ向おうとしていた時代、それに取り残されたような小さな離島に、東京から軽い気持ちで訪れた主人公万里子は、過酷な環境の中で生きる島の人達と触れ合う中で、いつの間にか懸命に生きることの大切さを知り、自分を見つめ直すという感動小説です。大里にはその文学碑が建てられています。
黒島を訪れる人の中には櫓岳を目指す人も多いようです。中里のところにある登山口は大里、片泊どちらからでも行けるようになっており、そこから頂上まで1時間半ほどかかりますが、大海原に浮かぶ硫黄島や竹島を眺めながらの登山もなかなか経験できることではありません。
三島村では黒牛の酪農と大名タケノコの水煮が有名ですが、黒島ではそれ以外に椎茸栽培も盛んです。地形的に港湾の整備が困難なため、漁業はそれほど盛んではないようです。
宿は大里に「旅荘きくみ」「旅荘谷口」、片泊に「民宿椿」「民宿一五川」があります。島にはレンタカーなどは無いので車が必要なときは事前に要確認です。三島村の宿泊施設

関連リンク

三島村 [硫黄島 黒島 竹島]
三島村の紹介

▲日本の島へ行こうTOP▲鹿児島県の島▲大隅諸島>●黒島
※硫黄島 ※竹島
全国の黒島
黒島[岡山県]黒島[山口県]黒島[長崎県]黒島[大分県]
黒島[沖縄県]
09/03/19更新