鹿児島県の島>>草垣群島(くさがきぐんとう)
草垣群島(くさがきぐんとう)
縄文人もこの崖を登った
住所/鹿児島県南さつま市笠沙町片浦
面積/上ノ島:0.05km2、周囲4km/群島全体0.68km2
人口/無人島群
アクセス/薩摩半島の枕崎港や野間池港から漁船をチャーター(約3時間)

薩摩半島の南端にある枕崎から西南西へ約90kmのところに草垣群島はあります。上ノ島、中ノ島、下ノ島、南ノ島などの17の小島と無数の岩礁が約6kmに亘って繋がっており、上ノ島は131m、下ノ島は158mと面積の割には標高も高く、切り立った崖が来訪者を拒んでいるかのようです。この群島から北へ約30kmのところには同じ南さつま市に属する宇治群島がありますが、共にダイバーや大物狙いの釣り師達にとって憧れの場所になっています。
どの島も上陸するのは難しそうですが、主島ともいえる上ノ島の東側には抉(えぐ)れて小さな湾になった場所があり、そこから上陸、そして頂上に通じる道を登ります。頂上には昭和7年7月3日初点灯の草垣島灯台が建っており、昭和61年までは交替で滞在管理する灯台守がいました。以降は巡回による管理が行われていますが、平成15年には日本で最大の太陽電池灯台へと生まれ変わり話題になりました。
また、灯台横にあるヘリポート建設時には縄文時代から古墳時代に至る石器や土器、耳飾りなどの遺物が発掘されています。丸木舟で外洋に出た縄文人が黒潮に流されて辿り着いたのかもしれません。大陸との交易の途中で嵐に会った倭人が上陸したのかもしれません。いずれにせよ海に挑戦し続けてきた古代人もこの島に上陸し、そして故郷を見ずにここで果てた人達がたくさんいたことは確かなことでしょう。
岩場ばかりで何も無い島のようですが、 波シブキがかからない上のほうにはビロウやモクタチバナ、アコウなどの亜熱帯性植物が生えており、カツオドリやオオミズナギドリの繁殖地になっています。平成15年には海鳥の重要な繁殖地として、国の鳥獣保護区の特別保護地区に指定されています。

関連リンク

南さつま市のホームページ
南さつま市観光ガイド
草垣群島ポイント画像

▲鹿児島県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP ▲諸島・群島・列島
※宇治群島
09/04/13 更新