鹿児島県の島>>長島(ながしま)
長島の地図(Yahoo!地図情報)
長島(ながしま)
長島(ながしま)
古墳の島
住所/鹿児島県出水郡長島町
面積/90.57km2周囲/66.0km
人口/11,107人(H17※諸浦島・伊唐島含む)・10,770人(H12)・11,266人(H7)国勢調査
アクセス/[車]JR出水駅から車で約1時間。
三和商船]天草下島・牛深港→蔵之元港(30分)
[旅客船]出水市・米ノ津港→宮ノ浦港(30分)

長島は天草下島と鹿児島県阿久根市の間にあり、八代海を塞ぐような形で存在しています。昭和49年9月には黒之瀬戸大橋(502m)が開通し、九州本土とは陸続きになっており、北側の諸浦島や伊唐島、竹島にも橋が架けられ、陸伝いに車で行けるようになっています。将来は長崎県の島原と熊本県の天草下島、そして天草下島と長島を結ぶ架橋構想が練られており、実現すれば長崎~鹿児島の陸路における西ルートが通じることになり、期待が寄せられているところです。
長島からは5世紀から7世紀にかけての古墳が200基以上見つかっており、「古墳の島」と呼ばれるほどです。古墳群は主に島の西側に分布しており、石や土が積み上げられた高塚古墳が多く、大半は6世紀後半に造られたもののようです。唯一島の東側で見つかっている加世堂(かせどう)古墳は7世紀初頭に造られた横穴式石室をもつ前方後円墳で、規模も大きく、ヤマト王権との繋がりを意識させるものとして注目されています。
630年(舒明2年)、犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)を大使として第1次遣唐使が派遣されました。それから150年近くを経た777年(宝亀8年)、第12次(諸説あり)遣唐使が派遣され、翌778年帰途に着いていますが、遣唐使船4隻のうちの第1船が難破し真っ二つに分かれて、片方は甑島へ、もう片方は長島の西海岸(現在の唐隈の所)に漂着しています。この事は『続日本紀』に記されており、判官の大伴継人ら41人がこの島で救助されています。
長島の特産品としては農産物はジャガイモ(赤土バレイショ)、サツマイモ、ミカンなどで、海からはブリやタイ、アジなど。焼酎は「さつま島美人 25度 1800ml 」が挙げられます。また長島は温州(うんしゅう)みかんの発祥の地としても知られ、鷹巣の「日本マンダリンセンター」の所には記念碑も建てられています。その周辺にあるレジャーランド「太陽の里」は子供から大人まで楽しめる施設になっており、温泉や宿泊施設も完備しています。
矢岳(402m)や行人岳(394m)に登ってみるのも楽しいかもしれません。天草の島々や遠く霧島や島原まで素晴らしい眺望が望めます。

関連リンク

鹿児島県長島町役場

▲鹿児島県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP ※諸浦島、竹島、伊唐島
●出水・阿久根の宿[じゃらん] icon
09/04/01 更新