鹿児島県の島奄美群島沖永良部島(おきのえらぶじま)
沖永良部島(おきのえらぶじま)
鍾乳洞と花の島
住所/鹿児島県大島郡和泊町、知名町
面積/93.65km2周囲/55.8km
人口/14,551人(H17)・15,171人(H12)・15,325(H7)国勢調査
アクセス/【船】[マリックスライン][A''Line マルエーフェリー
鹿児島新港→奄美大島→徳之島→和泊港(17時間30分)
神戸→大阪→奄美→徳之島→和泊港(37時間)
沖縄→与論島→和泊港(6時間)
【飛行機】沖永良部空港JALJAC 日本エアコミューター
鹿児島空港→沖永良部空港(1時間40分)/奄美空港→沖永良部空港(35分)

鹿児島市から南へ約540km。沖縄本島から北へ約60km。ここまで来るとかなり沖縄色が濃くなってきます。方言も民謡も奄美大島よりも沖縄本島のものに近づいてきます。
隆起珊瑚礁で出来た島は一様に標高が低く平らでハブが居ないという特徴がありますが、沖永良部島も例にもれずその特徴を備えています。石灰質の土壌は水ハケが良く雨は地表に溜まらず地下に滲みこみます。そのため川らしい川はほとんど無く、その代わり地下にはたくさんの水が流れ、その水が溶かして作った鍾乳洞がいくつも口を開けています。
平坦とはいっても西側にある大山は標高240m、中央にある越山は標高188mで、展望台からは徳之島、与論島、天気が良ければ遠くに沖縄本島が見えることもあります。海岸線も平坦で砂浜が続くというより、断崖が海まで迫り荒波に削られた奇岩が続くといった感じです。北側にあるフーチャとはそういった海岸の珊瑚礁が、波によって削られ洞窟になり、さらに天井にも穴が開き、そこから潮が吹き出す場所のことを指しますが、波が荒れた時でないと潮は吹かないようで、なかなか見ることができない光景のようです。
また沖永良部島は「花の島」とも言われ、エラブユリやフリージアなどの球根栽培も盛んで沖泊海浜公園や大山植物公園ではたくさんの花を見ることができます。他にも「日本一大きなガジュマル」、「ワンジョビーチ」、「ウジジ公園」、東洋一とも言われる鍾乳洞「昇竜洞」などなど見所がたくさんあります。
西郷隆盛は1862年に薩摩尊皇派を扇動した疑いをかけられ、島津久光の怒りを買い沖永良部島へ流されました。島では牢獄生活を強いられ、その苦境の中で読書と瞑想に耽り、完成させたのが『敬天愛人(けいてんあいじん)』の思想だといわれています。和泊港の近くに南洲神社と西郷隆盛謫居(たっきょ)記念碑が建てられています。
沖永良部島からは観光的派手さはあまり感じられません。観光バスも本数が少ないようなので、島内を見て周るにはレンタカーやタクシーが便利です。車で移動していると畑の島と思えるくらい畑ばかりです。花の栽培やサトウキビやジャガイモなどの農作物が島を潤しているのでしょう。漁業はあまり行われていません。

関連リンク

【鹿児島県和泊町】【鹿児島県知名町ホームページ】

◆沖永良部島の宿[楽天トラベル] icon◆沖永良部島・与論島の宿[るるぶJTB]
◆沖永良部島・与論島の宿[Yahooトラベル]
▲日本の島へ行こうTOP▲鹿児島県の島▲奄美群島●沖永良部島
09/03/26--------------------------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.